<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


あの地震から1ヶ月。
一時期収まっていた余震も、ここ何日間かで復活し、
油断するなと誰かに言われているようで、毎日恐れの日々。
武士の会社は関西支店に本社機能を一時移し、
本当は武士も(家族も)関西のウィークリーマンションが用意されているが、
環境としてレオンを連れて行けないので東京にいる。
もし移動していたら毎日嫌な思いをしなくてすむかなと思うけど、
初めての土地で全てが揃っていない環境は想像できない。
実際東京にいても、レオンは食事を食べなくなった。
やっとここ何日か食べてくれるようになってきたけど、
もし関西に行ってたらどうなったかな・・・。

あまり落ち着いて文章を書く余裕もなかったから、
(実際これを書いている間にも福島で震度6の地震が起きている)
ここ1ヶ月でいろいろなことがあった。

先週の土曜は、食べログで評価の高い代々木のピッツェリアに行ったけど、
オープンキッチンでシェフが「俺の視界に入るな!」とか「邪魔だ!」とか
どなっていて、心底新しいところには行きたくなくなったし、
その前には店に入るなり香水の匂いで死にそうになったし、
ガイジンには愛想がいいシェフに辟易とした。
味はおいしいけど、最低な店。値段もピッツェリアとしては高すぎる。
もう行かない。IL PENTITO。
最後には名前を出すと言う。だってすごい気分が悪かったんだもん。

そして一番の衝撃。
再来週入院する事になった。
子宮頸癌の検査でついにクラス3bになってしまった。
がんの一歩手前。
地震が起きて以降、ACのCMがガンガン流れているけど、
仁科明子さんがやっていた子宮頸癌/乳がんのCMでおなじみの病気。
私は去年の7月に渋谷区から無料健診のお知らせが来ていて、
何の気なしに健診に行ったのだけど、そこで引っかかった。
(何もないのに婦人科に行くって結構それはそれで嫌なもの。)
それから約3ヶ月おきに定期検診に行き、細胞診/組織診を何度かしてきた。
(これが痛いのなんのってねー。。。)
結果は良くなるどころか、だんだんと進んで行き、ついに大学病院送り。
大学病院に行き、診察してもらうと、否応無しに手術決定。
予約は人気にレストランと同じ位取れない。
たまたまキャンセルで空いていた4/21に入院となったが、
それを逃すと7月とかまで取れなそうだった。
検査を始めて9ヶ月でクラスが進んでいる状況から考えると、
3ヶ月手術を先送りにする事は、体のためにも、自分の精神的も持たないと思い、
その場で手術を決め、休みを取ってついて来てくれた武士に
「21日手術になった」と言ったら、さすがに驚き、
おまけに手術に際しての注意事項の冊子を見せ、
「約3週間ほど出血が続く」の欄を読み、さらに驚いていた。そうだよな。。。
私にとって初めての入院と手術。
だけどこれを突破しない事には何も始まらないし、終わらない。
結婚して9年経ち、何も考えずに自分たちの楽しみだけにフォーカスしていた事を
少しだけ悔やむ。それはその人生だから、少しだけ。
今後はどういう風になって行くかなんて分からない。
けど少しだけ何かが変わるのかもしれない。
とりあえず私は身を預けて、術後は早く元気になれるように努力するしかない。
先生、きれいに一発でやっちゃってください。。。

これを読んでいる女子たちにはもう伝えてあったから、たくさんのメッセージをもらったけど、
検査は面倒くさがらず、怖がらずに行ってください。
手遅れになってからじゃ遅い。
自分を守るのは自分。

地震も病気も、早く収まって、元通りの生活が送れるのはいつになるのかな。
とにかく「普通」でいい。
穏やかな日々が、日本中の、世界中の人に訪れますように。
[PR]