<   2005年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

b0057220_228892.jpg

朝から掃除とかでさぁ、全然相手してくんないしさぁ、散歩の時間もいつもと違うし、そば食べに行っちゃうしさぁ、なんか風呂入ってまた出掛けるみたいじゃん。また飲むの~?もういいよ、ふて寝してやる。じゃ、みんな来年もよろしくね。ぼくのとこにも遊びに来てね。ちょいモテわんこレオンより
[PR]
by mic_tic | 2005-12-31 22:08
b0057220_16221330.jpg


一杯書いたのに消えちゃったので簡単に。
昨日は13人と言う大所帯で忘年会。場所は月島のほていさんというあんこう鍋やさんでした。
nakaさんのご紹介だったので、味は保証されていたものの、私の人生初のあんこう鍋。どうなることやら、楽しみにしていました。
先に出てきたうにの厚み・重みに驚き。すごいおいしい。
で、上の写真がメインのあんこう鍋。肝たっぷり・プリン体たっぷりです。
最初に味見をするんだけど甘くて、たまらない。
これを混ぜて、肝味の鍋、最高でした。

皆さん来年もよろしくね。
明日は楽しく飲みましょ~!
[PR]
by mic_tic | 2005-12-30 16:27
今日は会社で縁の深い方々と忘年会。渋谷の東急本店前にて待ち合わせ。私は時間があるので大好きなバスにて移動。道玄坂上で降りて移動。ところが私、極度の方向音痴。一応方向は分かるものの、果たしてちゃんと着けるのか…。ドキドキしながらなるべく人が多くて、太い道を選ぶ。だって、ラブホ街でうろうろってかなり怪しいし、怖い…。かなりのスピードでasiaの前を通り過ぎ、見えました!東急のネオンが!あ~安心。と同時に「私、すご~い、今日は冴えてる!」と感動。東京生まれなのに…。ま、しょうがない。こんなとこ、私の範囲外だからね。前回同じメンバーで飲んだ時は日本酒で撃沈したので今日は控え目にします。お腹空いた~。
[PR]
by mic_tic | 2005-12-28 19:41
終わってしまいました。辛い一週間の始まりです。その前におさらい。
23日、ケガしてるので何も作れない…。昼は何食べたかなぁ。あ、三茶のイタリアン『イル ピッツァイオーロ』だ。夜は近所のラーメン屋『やぐら亭』。なんか油が今回きつく、食べ切れず。その後水道道路にある『phonic:hoop』というインテリアショッブがやっているカフェへ。お酒飲めなかったもんでね。
24日、病院に行く。なんで休みの日まで会社の近くに行かなきゃなんないんだ…。傷口を濡らしてしまったため、ガーゼを剥がすのに悲鳴。また出血してしまい、お酒ダメと言われる…。会社の近くのカレー屋『モエナ・モティ』で済ませ、夜のメインに備える。夜は表参道の寿司『きどぐち』へ。ここはタリスカー親方のお勧めで行ったので、期待大。久々に「お寿司やさん」らしいお寿司やさんに行ったのでちょっと緊張。おいしかったぁ。病院の先生の言い付けも守らず、たくさん飲んじゃいました。締めはいつものヘルム
25日はコンビニ飯で昼食を済ませ、夜は高島屋で惣菜を買って終了。グラマシーニューヨークのケーキが食べたかったけど、すごい並んでいて断念。今度高島屋に行ったら絶対食べる。
そんなこんなで多忙な月曜終了。朝に打ち終わらなかったメールが帰りにやっと送れました。はぁ。そして今日も弁当です。だって作れないんだもん。
[PR]
by mic_tic | 2005-12-26 18:57
b0057220_10161683.jpg

引っ越し祝いに頂いたラン、大切に水をやり続けたら、お花の蕾が出て来たよ!
観葉植物と化していたけど、お花が咲きそうです。
ありがとう!ちょっとした幸せ~♪
[PR]
by mic_tic | 2005-12-24 10:16
b0057220_1923827.jpg

さっき会社で仕事中にセロテープのカッターで指をざっくり切った。床のカーペットには血痕ポツポツ。血が止まらなくて病院に行ったら、小さい動脈を切ってえぐれてると言われ、2針縫った。痛いよ~。で、今日も明日も酒飲んじゃダメだって~。こんな時にもそんな事考えるなぁっ!24日は大丈夫かなぁ。楽しみにしているのに。疲れているから注意力散漫なんだな…。サンタさん、私に24日、酒を飲ませて下さい。
[PR]
by mic_tic | 2005-12-22 19:02
ラッシュ時やスクランブル交差点で上手く歩けない人って、多分運転がヘタ。あるいは免許持ってないと思う。
さっき目黒で、昼も食べず残業でいらつく私は、階段を突進して降りてくるオジサンに「もう、何?」と文句を言った。
自分の事しか考えず、周りが見えてない。腹立たしい。

世の中にはいろいろな人がいるけど、私は何かのキーワードからその人の人格判断をする事がよくある。例えば、真っすぐ目を見て話す人は私に好感を持ってくれてると思うのも同じ事かも。
仕事をうまくやって行く上でこれは結構重要な事だと私は思う。一度言った事を紙に書きながらじゃないと聞けない人、聞いた事をまとめて復唱する人…どうやって仕事を教えていけばいいか充分判断できる。
でもこういう見方を批判された事がある。決め付けるのはよくないと。でもプロファイリングというカテゴリーがあらゆる場面で認められているのだから、自分の世界でのプロファイリングがあってもおかしくないと私は思う。
自分も誰かにプロファイリングされているとは思う。変なのじゃなければいいけど。
[PR]
by mic_tic | 2005-12-21 18:49
今日は号泣3連発。ここのとこ疲れているのか、泣く。
泣くのはキライじゃない。人の前で泣くのはカッコ悪いけど。こないだ号泣したばかりだけど、泣くのは気持ちがいい。それで自分の気持ちが晴れたり、すっきりしたりすることがある。それだけ自分がそのことに関して何かを感じている、と言うことが確認できるから。
私の今日の号泣はこれを読んでいる人にとってはとてもばかばかしいことかもしれない。でも人は一人ひとり感じ方や考え方が違うから仕方ない。
私は今日感じたことを書きたいから日記を書いている。別に人に同情して欲しいからじゃない。だから書く。

あいのり
今日は『あいのり』のスペシャルだった。前に日記にも書いたと思うけど、ずっとこの番組を見てきた。今日14カ国を旅したヒデが告白をした。同時に告白をした嵐が、二人の好きになったアヤとカップルになって日本に帰ってくることになった。私はヒデが最初の恋に破れた時も号泣した。彼は好きだったカヨに告白することができずに、彼女は仕事の関係で帰国してしまったのだ。その無念さは、同じような経験をした事のある私にとって、すごく理解できる心情だった。それからヒデはずっと恋をできずにいた。でもその何ヶ月間の間にヒデはすごく成長した。まるで恋をしにあいのりに来ているのではないようだった。恋をすることは二の次で、ただ自分を成長させに、そして周りの友人を勇気付けに来ているみたいにも見えた。そのヒデが恋をしたのは嬉しいようで、嬉しくないような複雑な気持ちだった。ヒデにはカヨをずっと思っていて欲しかったし、アヤはヒデにはちょっと役不足な気がしたから。でも自分に自信の持てないアヤをヒデは必死にサポートした。かっこつけるとかそういう事ではなく、そうすることでヒデはアヤに自分の思いを伝えようとしたし、その姿はカヨがいた頃のヒデとは全然違っていて、すごくカッコよかった。そのヒデがアヤにふられた。でも彼はアヤに「会えて本当によかった、ありがとう」と自分がふられた事なんてまるでなかったかのようなすっきりした顔で言っていた。本当にかっこよくなったよ、ヒデ。そして14カ国を足掛け3年旅してきた彼が「地球って面白い、いろんな文化があって、いろんな発見がある。いろんな世代の人と出会えて、自分の視野が広がった。」って言った。私はこないだまるちゃんや伊藤さんと話していたんだけど、別に長生きしたくない、って考えを持っている人だ。この話をすると、一人ひとりいろいろな意見を私に教えてくれる。でも正直私を動かす力にはなっていない。でもそれはしょうがない。私は私なのだから。でもヒデのこの言葉たちにはちょっと動かされた。いろいろな人に会い、いろいろな文化に触れ、いろいろな経験をしたヒデがすごく厚みのある人間で、私はたくさんの友達がいて、いろんな経験をしているとは思うけど、すごく狭いところでしかモノを見れていない薄っぺらな人間に思えた。ヒデも私と同じような事を言っていた時期があったのに、彼の成長ぶりにはすごく感動したし、私もそんなつまんない事言ってないでちょっと頑張ろうかなって思えた。最後に旅を共にした友人たちに別れの挨拶をしたヒデは、やはりみんなのことを勇気付けることを言った。でも最後に挨拶をした梅ちゃんがヒデに「強がり。一番励まされなきゃいけない人が、励まさんでもいい。」って言った。もうかなり号泣。最後までヒデは自分の役目を貫こうとしていた。ヒデ、もう役目は十分果たしたよ。そして今ヒデからの手紙(URL:あいのりウラ話参照。見てない人もヒデの手紙だけは読んで欲しい)を読んで、またウルウル。私は私だから、ヒデのようになりたいとは思わないけど、こんな感じ方ができる人ってステキだなと思います。長い間お疲れ様。私はヒデが成長してくれて本当に嬉しいです。頑張って欲しいな。カヨには会いに行かないのかな・・・?後で考えて後悔するなら、絶対会いに行った方がいいと思うんだけどな・・・。26日にヒデの凱旋イベントがお台場であるそうです。いきて~。私、ハグしちゃうかもしれない、本当に行ったら。仕事で行ける訳ないけど。
清原和博
私は本当に清原が好きなんだなと確信しました。先日からニュースでオリックスに移籍すると言う報道がありましたが、まだ正式に会見していなかったのでコメントしていませんでした。でもその報道の時から、本当に嬉しかったし、本当によかったね、と思っていました。確かに巨人に入ってからの清原ははっきり言って仕事をしていないし、給料泥棒だとは思います。でも私は西武にいた時からの清原ファンなので、清原をああいう形にさせてしまったのは巨人だとも思っているし、野球への愛情はきっとあの1年目の涙の頃から変わってはいないだろうと思っています。その清原が、地元の大阪、そして古巣のパリーグに戻ってくると言うニュースを聞き、号泣(までは行かないけど、心で号泣)してしまいました。実際問題、来期清原が働けるかどうかは分かりません。でも私は巨人で野球人生を終えて欲しくなかった。巨人で野球人生を終える事にはたくさんの意味や将来への約束があるのかもしれない。でも私はそんなことにこだわって欲しくなかったのです。(私はアンチ巨人だし。)無冠の帝王と呼ばれている清原。来期は山本浩二の本塁打記録を狙える。冠ではないかもしれないけど、そんなものなくてもいい。自分の目標(清原にとって何が目標なのかは分からないけど)を彼には追求していって欲しいと思う。ベンチウォーマーでもいい、客寄せパンダでもいい、私は清原に野球をやって欲しい。あと何年できるかわからないけど、本当に自分が納得いくまでやって欲しいと思う。よかったなぁ。本当に。清原の引退試合は見に行ってしまうかもしれないと感じてしまいました。いいよね、武士はサッカーを見に海外に行くんだから。頑張れ、キヨハラ!!!
村上里佳子離婚
私は特にリカコのファンでもなく、渡部篤郎のファンでもない。でも何となく悲しかった。確かに彼らはオシャレで理想の夫婦って感じがしていたし、子供も伸び伸びと育てていて、いつまでも素敵なカップルのように見えていた。私はリカコと実際に会ってお話させてもらったことがあるが、本当に姉御のようでいて、かつ優しさを感じさせてくれた。(実際はどんな人かは分からないけど)オシャレでかっこいい年の取り方をしている人だと思う。会見は見ていないけど、会見のレポートを読むとなんか彼女がかわいそうだと思った。私は女だからかもしれないけど。結婚して子供が生まれて、「彼女」でもなくなり「妻」でもなくなり、「母」になること。これって私にはまだ知り得ないけど何となく想像がつく。私もたまに思うもん。武士と結婚して、私は妻になってしまったけど、彼女のままでいたかったなと思うことだってある。どうして「妻」になった瞬間、こんなに重く感じるのだろう、って思った事だってある。「母」になった彼女は、自分の理想の父親像を彼に押し付けてしまったのかもしれないと発言していたが、それはしょうがないことじゃないかなと私は思う。だって「母」は自分であって理想の母親像を実践するのは自分。その一方、理想像を実践している自分と同じく、理想を追ってほしい彼がそうではなかったら?私だって彼に「こうしてほしい、ああしてほしい」って言うと思う。でも男の人は「彼」であり「夫」であり「父親」でもあるけど、「自分」と言う存在が一番大きいような気がする。そこで渡部さんは潰れてしまったんじゃないかな、と思う。リカコが言うように、結婚って「いいことも悪いことも乗り越えて、おじいちゃんおばあちゃんになった時に『一緒にいてよかったね』と言い合えるのが夫婦だと思っていた」だと思う。途中で投げ出したくなることなんてすごいあると思う。分かっていても実際には実践できないことってあるから、二人の離婚はそれが「答え」だったのかもしれないけど、二人で分かり合おう、二人で作っていこう、と誓ってした結婚が壊れていくのってなんだか悲しい。何にも考えてなくて、何にも分かってない人たちの離婚ははっきり言って興味ないけど、リカコの会見レポートを読む限りでは、彼女の考え方にとても同意できるのでなんだか悲しい。やっぱり結婚って大変だな・・・。価値観の違う、育った環境の違う、*同じものなんて何も持ち得ていないヒトという動物が生活を共にするのだから、絶対に問題は出てくるし、自分を消すことは不可能だし。本当に生きていくのって難しい。リカコはきっとこれからテレビに出る時「私は平気よ」という姿を見せると思う。テレビに出る芸能人として、それが彼女の役目なのかもしれないけど、私はリカコに本当に頑張って欲しい。父親が家庭にいない分彼女は頑張らなくちゃいけないことがたくさんあると思うけど、乗り越えて欲しい。おばあちゃんになった時に「自分で自分を褒めてあげたい」有森裕子のように、自分で自分を賞賛できるリカコでいて欲しいなと思う。(*例えば同じ場所にいたことがあったとしても、そこに対する思いや、そこから感じる何かって絶対に共有できないからあえて同じものなんて何もないと書いています。)

生き方や夢、それぞれのニュースからすごく考えさせられました。
些細なことからいろいろなヒントをもらって私は生きている。
[PR]
by mic_tic | 2005-12-20 22:44
昨日も書いたけど、働く主婦の年末は多忙を極めていて、29日まで仕事をし、当日忘年会。30日は大掃除、大晦日は掃除の残りと、そばを食べに行く事と、年賀状書き、そしてパーティー。帰ったと思ったらまた夕方パーティー、2日は武士の実家、3日は家の実家。4日になってやっと何も予定のない日が来る。
あ~小学生くらいの冬休みに戻りたい。終業式が終わったらクリスマスプレゼントがもらえて、年賀状を一枚一枚大切に書いて、大晦日はゆっくり歌番組でも見て、次の日はおとしだま。誰から年賀状がくるか楽しみにして、初詣に行って友達に会い喜び、どれだけおとしだまがたまったか袋を開けてはほくそ笑み、バーゲンに朝から行って、買った服を着てやっと学校。
あ~あ、戻りたい。
[PR]
by mic_tic | 2005-12-20 18:30
もうすぐ年末。
年末と言えば大掃除。
だけどね、働く主婦にとって、大掃除とは大変な作業なのです。
そして私の性格上、ちゃんとやらないとだめな性格なので、武士に任せても、
ちょっと出来が不十分だったりすると、自分でやったほうがいいと思ってしまうのです。
それはそれでありがたい事なんだけどね。
で、私は皆さんご存知の通り、眠り姫なので、土日は午後にならないと起きません。
そうするとせいぜい掃除機かけて、洗濯して、ってその位しかできない。
そして皆さんご存知の通り、年末は飲みに行くので忙しくて、
掃除なんて本当はしているヒマがありません。
去年は9月に引っ越したばかりだしと、マジメにやらなくても平気だったけど、
今年はさすがにね・・・。

なので思い立ったが吉日。
夕飯を食べ終わってから、シンク周りと換気扇、ガスレンジの掃除をしました!
う~ん、キレイ☆
掃除をした後って、本当に・・・
もう二度と料理したくない!!!
でも何もしないでぼ~っとヒーター前占領して映らないテレビ見てるより、
ちょっと腰は痛いけどお掃除して、暖まって、充実した夜でした。

今年は自分で頑張って、よ~し、来年はダスキン呼んじゃおう☆
だってその方が、お家きれいに長く使えそうでしょ?

しかし手がカサカサ・・・。
[PR]
by mic_tic | 2005-12-19 23:26