カテゴリ:たび( 60 )



さて、記憶がなくなってしまう前に日記をつけておかなければ。

ハワイ最終日は、これまでにできなかったことをまとめてやる日。
心地よいビーチでのんびり&武士が楽しみにしていたスパ。
それとまさかの3連続となったゴルフ。

スパは前の晩からどこへ行こう、どこへ行こう、と女の子みたいに
ガイドブックを見ていた武士が朝早起きして、夕方の予約を取ってくれた。
場所はフェアモントホテル内にあるSpa without walls
壁のないスパ。屋外の、近くで滝が流れる小屋で施術してもらうのがウリらしい。
ただし直前で予約したため、一人は室内ということだった。
私はスパも経験したことがあるし、夕方の予約だったので少し寒いかな?と思い、
「中でいいよ」と言ったものの、武士が気を遣って外での施術を譲ってくれた。
気温だけが心配だった・・・。

ゴルフは14:40からの予約だったので、それまではそれぞれの夫婦で別行動に。
私たちが向かったのはハプナビーチ
レンタカー屋でもらった冊子に「世界トップ10のビーチ」の謳い文句で載っていたし、
ホテルのそばのビーチがいまいちだったこともあり、そこに決めてみた。
一方A間夫妻はハプナで少し遊んだ後、ワイピオ渓谷へ。
レンタカーは一台しかないので、昼過ぎに同じビーチでピックアップしてもらうことに。
b0057220_19234361.jpg




















武士はビーチに行ったら絶対ボディボードがしたい、と言ってたのを$10で実行し、
私は一瞬入ったら凍りそうな水の冷たさだったので同じく$10でパラソルを借り、
それぞれ思うがままに、遊び、寝。あっという間に時間が過ぎました。
ちなみにハプナビーチはこの時期波が荒く、泳いでる人はほとんどいず。
遊泳禁止の看板も立っています。
どうやら州立公園らしく、ちゃんとライフガードもいます。
たまに子供だけで海に入っているのを見かけると、親呼び出しです。
比較的きれいなトイレもあるし、売店(キャッシュオンリー)もあります。
駐車場も無料。(でもローカルの人からは車上荒らしの被害が出ているそうなので注意)

b0057220_19342847.jpg

b0057220_19245311.jpg




















約束の時間になったので、着替えを済ませて駐車場で待っていたけど、
結構長い時間待たされたので、何かあったのかね~とか言っていたら、
やっと夫妻が現れました。どうしたんですか?と言う前に、
「目の前で車が横転した」
ですって。。。
何やら、ワイピオ渓谷に向かう道は片側一車線ずつの細い通り。
横には溶岩がごろごろとしている少し高低差のある道らしい。
普通通りにに走っていると、何台か前の車が脇の丘のようなところへ突っ込んでいき、横転。
車は横倒しになってしまい、中には女性が一人。
そばを走っていた車の人たちがみんなで引き上げたんだって。
夜勤明けの看護師だったみたいだけど、本当に危ない。けががなかっただけよかった。
その後、A間夫人は精神的にビビってしまい、ワイピオ渓谷はきれいだったけど、
全く楽しめなかったそうだ・・・。かわいそうに。でも巻き込まれなくて何より。

気持ちを切り替えて~!最後のゴルフです。
この日予約したのは、マウラナニ・ゴルフコース。
リゾートゴルフ場の中でも、人気の高いゴルフ場のようですね。
(詳しいHPがなかったので一般の方のblogを紹介。かなり細かい。クリック。)
結構値段は高いですが、ハワイ島は来ることがなかなかなさそうだし、
せっかく誘っていただいたし、ってことで、トワイライトプレー開始!
っと、その前に、クラブハウスで食事したけど、
ここのハンバーガーはとってもおいしかった。
肉汁がすごくて、お皿からハンバーガーを持ち上げることができませんでしたよ。

さすが名門クラブ。
レンタルクラブのお値段はほとんど前の日と変わらなかったけれど、
渡されたクラブはピッカピカのテイラーメード・レスキューシリーズ。
私はドライバーとユ-ティリティでお世話になっておりますが、
レスキューをここで体験できると思ってなかったから超ラッキー☆
なかなか試打してみたって、感覚分からないものね。もちろんメンズでお願いしました。
前日同様、姉さんのドライバーとユーティリティはお借りしました。

b0057220_19253982.jpg




















コースは、前日までと比較すると、私にとっては非常に難しく、
なんだよ、そのうねり。とか、なんだよ、そのバンカー。とかばっかで、少々イライラ。
グリーンは特に難しく、思った通り入った確率はかなり低かった。
でもコース自体はとてもきれいだし、景色も最高、
何よりばーんと広がる緑が気持ちよく・・・。
私たちはトワイライトだったので、全部のコースを回ることは不可能。
なので、前の人がいないところはすっ飛ばしたりして、
このコースの名物ホールと言われるところだけは押さえるようにしました。
日本では谷声も十分に体験していないけど、海越えに挑戦。

b0057220_19262924.jpg




















左は大海原、その手前は黒々とした溶岩。かなりのプレッシャーです。
あははー、一発で越えちゃいました。それもオン。うふーーーーー。
結局パットが悪いので大したお成績にはなりませんでしたが、気持ちのいいもんです。

b0057220_19265828.jpg




















結局14:40~18:00のプレーで回れたコースは11ホール。
ちゃんとしたお成績は出してません。
回っていないコースを全部ダボで計算すると、114。
ま、そんないい成績で回れるわけがないので。。。

ここのゴルフ場は、本当にきれいだし、とっても気に入りました。
今回は時間が短かったから仕方がないけど、今度は早めに予約して、
ちゃんとプレイしてみたい!

その後A間さんたちと移動。
私たちはスパへ、A間さんたちはラウンジで待ていてくれることになりました。
ささっとスパへ行き、受付を済ませ、ガウンになるのですが、
下着を取れとか何も説明されてないよ~。
「ここはスチームバス、ここはサウナ、ここはシャワーね」って感じで
施設は教えてもらったけどさ。
何も分からないまま、私は全裸にガウンをはおり、waiting roomへ。
ここはもう外とつながっているので、外気温が分かるんだけど。。。寒い。
ラッキー(?)なことに二人とも外で施術できることになったので逃げ場がない・・・。
まぁいいやってことで、待っていたら、おばちゃんとおじちゃん(日は少し若いかも位)の
マッサージ担当者がやってきた。
言われるがまま付いて行き、ちょっとした小屋のようなところへ入る。真っ暗です。
「うちゅぶせです」と言われ、うつ伏せになり、オイルがココナッツじゃないことを祈り、
(聞かれなかったのさー!これは大きなマイナス点。もしココナッツだったら吐くからね~。)
ココナッツじゃなかったからよかった~と思ったけど、やっぱり寒い!パンツはいてないし!
でも、パンツは結果としてはかなくてよかった。
お尻の方までマッサージしてもらえたからね。
力加減はちょっと弱めで、まぁ気持ちはいいけど、ちょっと物足りない感じだった。
でもハワイ最後を締めくくるにはいい体験だったかな。
暑い夏で、少し日が陰って来て・・・位の気温なら外でもいいけど、
私は中で十分でしたわ~。もし行かれる人いたら参考にしてね。特に冷え性の人。

ささっとシャワーを浴びて、ラウンジに戻り、
ある意味「事故の後遺症」を負った二人はお疲れ模様でした。
最後の日のお酒もちゃんと買ってあったはずなのに、なぜかもうすでにない(笑)ので、
ビレッジ内にあるキングスショップで買い足して、部屋に戻り、
この日はハワイ島初日にSAFEWAYで買っておいた冷凍ピザをオーブンで焼いて食べました。
コンドミニアムをこんなにちゃんと使ったのは初めてだったけど、
工夫すればそんなに大変でもないし、まずい料理にお金を払うくらいなら、
こういうのも全然ありだな~と実感させてもらいました。
二人だったらやらないかもしれないけどね。

それから大量の荷物をパッキングして、少しだらだらとし、寝ました。
もう夜が明けたら、ハワイともお別れ。
ラナイでぼけーっとタバコを吸いながら(本当は禁止。よい子は真似しないでね。)
空を見ていたら、この日はちゃんと晴れていて、星がたくさん見えて嬉しかったな。



b0057220_19273047.jpg




















翌日は少し遅めの便で帰国するA間夫妻にコナ空港まで送ってもらい、帰国の途へ。
帰りの便は最後の5分まで期待していたけれど、ビジネスゲットならずでした。残念。
でも武士は思いのほかよく寝ていて、よかった。
私はあまり眠れなかったので、ずっとipodに入れていった24を見ていました。
で、着く何時間か前、アナウンス。
「成田空港の天候は、雨」えーーーーー
「気温は、摂氏、2度」えーーーーー!!!!!
それは東京に初雪が降った日だったのでした。。。。
ああ、いきなり現実に引き戻されました。
そしてまだ買ったばかりのスエードのブーツに、冷たい新宿の雨が後を残しました。。。

というわけで、今年最初の海外旅行は終了。
楽しかったー。ゴルフをすることによって、旅行の楽しみがまた一つ増えました。
さ、今年の夏はどこへ行こうかな~。

(るいこ:るいこんちにゴルフ合宿に行ってもいいですか?武士同伴ですが。)
[PR]
by mic_tic | 2010-01-28 15:31 | たび
さて、3日目。
この日のアクティビティは、ゴルフ・ビーチ・スーパーマーケットリベンジ。
かたやA間さんは、昨日のゴルフで「背中が痛い」と言い、連日のゴルフは辞退するという。
奥さん、ちょっと不満そう(笑)

というわけで私たちは、二人でゴルフ場へ。
今日のコースはワイコロア・キングスコース
昨日のビーチコースのすぐ隣。クラブハウスは兼用である。
従ってレンタルクラブは、ナイキのまま。
ただしその日はA間夫人のバッグを借りて、テイラーメイドのドライバーとユーティリティを使わせてもらう。

この日の調子はまずまず。
昨日、ベストスコアを更新してしまったし、あまりショットがうまくいかなかった。
おまけにビーチコースよりキングスコースの方が少々難しく、
いやらしいところに溶岩の塊があったり、バンカーがあったりして、
終わってみれば日本でのベストと同じくらいのスコア。127。
何気ペアルック。リゾートだからあり。
b0057220_212018100.jpg


ゴルフをしている間に、ゴルフのお誘い。A間さんから。
この日はプレーをせずに、翌日、マウラナニという名門ゴルフ場のトワイライト。
14:40からで、18:00には上がらないといけないスケジュールではあるが、
海越えのショットあり、クジラが見える(かもしれない)コースありということで参加。
今回のハワイは、ゴルフ合宿といっても過言ではない。

二人でやると結構早い。
13時ころにはホテルに戻り、昼食を取ろうとしていると、A間さん夫婦が帰ってきた。
どうやらビーチに行っていたようだ。
「飽きたから」って言ってたけど、早いなー。
それから私たちは近くのビーチに行く予定だったので、「これからどうするんですか?」と
尋ねると、「夕飯のカレーを作ります。」とのこと。早い。
さっそく玉ねぎを炒めている。気合が入っている。
申し訳ないけど外出。初めてのビーチへ。
合成。
b0057220_21214635.jpg

ビーチの名前は、多分ワイコロア・ビーチ。
ビーチリゾートに泊っている人だけのプライベートビーチかと思いきや、
そんなことはない模様。
背中にたくさん漢字のタトゥーの入ったローカルらしきおじさんたちが
みんなでBBQだかピクニックだかをしていたし。
しかしこのビーチ、なぜかものすごい高い砂の山があり、
海を見るにもそのお山を登ってから。
おまけに砂浜から水辺が狭くて、ゆっくりできるような感じでもないし、
水が冷たすぎて泳いでいる人もいない。
心地よいビーチという感じではなくて、写真だけとって退散。
ワイキキで買った水着は、海水に濡れることなく。
b0057220_21235650.jpg

せっかく水着も着て来ているし・・・ということで、
ヒルトンのホテル棟の方のプールに行ってみることにした。
ヒルトンのホテル棟はものすごく広くてびっくり。
その上、日本人もいっぱいいてびっくり(笑)
ホテルの中を歩いて回るのは相当時間がかかるので、
移動は館内を回るシャトルか船に乗らなければならないんだけど、
これがのんびりしていて、なかなか来ない。
せっかちじゃない私でも少しいらっと来てしまうスピード。
いくらハワイ時間でも、あのスピードはいやだなー。コンドミニアム棟でよかった。
b0057220_21244414.jpg

そして時間をかけてたどり着いたプールが・・・なんとも・・・。。。
私のイメージしていたプールはPICサイパンに行った時のプールだったので、
なんともさみしい感じだった。。。
一つ一つのプールがとても小さいし、スライダーも子供だまし程度だし、
一番広い、海に見立てたような海水プールもただ広いだけで、なんかつまんない。
少し水につかった程度で飽きてしまい、少し散歩したら、イルカプールがあった。
でも、いまいち。
というわけで、ちょっと昼寝をしていた武士を起こし、早々にSAFEWAYへ。
(前日に作ったカードを忘れたので、もう一枚作っちゃいました。)

やっぱりスーパーは楽しい。
前日は必要なものだけを調達したので(とはいえファブリーズとか買ったけど❤)
この日は必要のない棚まですべてしらみつぶしに回りまくりましたわよ。
海外のスーパーに行って絶対にチェックするのは、ファブリーズのような生活用品のコーナー。
水ものだから帰りは重いけど、さまざまな用途に使える洗剤とか、
パッケージが超可愛いものを見かけると、パッキングのことなど忘れてゲット。
今回はジャケ買いはせず、前日に手に入れたファブと、シミ抜きのSHOUT、
大容量のベビーローション(私はこれを乳液として10年以上愛用してます)をゲット。
本当はもっと買いたいものがあったけど、最近は日本でも手に入るしね。

あとは夕飯用の野菜と肉を調達してきて。と頼まれていたので、
肉はシチュー用にカットしてあるお肉をゲット。1キロ近く入っていて$5未満。安。
野菜は前日グリーンサラダにしたので、温かいものをと思い物色していると、
日本では結構な高級野菜、ホワイトアスパラを発見。
オーブンのバットいっぱいに並ぶくらいの束(一人3.4本→15本くらい)が$4。
安すぎー。日本、ぼったくりー。
おまけにレジ前にアメリカンチェリーがどかっと置いてあって、
アメリカンチェリーアドアラーの私は、ついつい手に取ってしまったのでした。
レジ前陳列はガムだけじゃないのね❤
この日もビール2カートン、ベリンジャーのピノグリのマグナム瓶($14→安すぎる。)を購入し、
3日連続マグナムワイン+大量のビールを消費するのでした。
(1.2日目はモンダビのマグナム。これも値段は同じようなもの。安い。)

ほくほくでホテルに帰り、ホワイトアスパラにしました~と言うと、夫人、大喜び。
東京での市場価値を知っていると、喜びも倍増です。
ホワイトアスパラは一度下茹でし、チーズを乗せてオーブンで焼くことに。

カレーはもう出来上がっていそうでしたが、
「武士さんのために、野菜の皮むきを残しときました。」と悪魔のささやき。
そう、前日に「僕はこう見えても(家事を)全然手伝いません。」という話題になったのです。
こう見えても、じゃなくて、見た目通りね。と突っ込まれていたので、お仕事到来。
私がシャワーを浴びている間に、ピーラーで仕事に勤しんでいました。
ウチにはピーラーがないので(私が以前に指を切ったので)、
「これがあれば手伝ってもいいけど、ウチにはないよね。」だって。買いますよ。いいのを。
(ホテルのキッチンはすべてが高級品。クイジナート満載だったから、ピーラーも高そうだった。
見た目はヘンケルっぽい感じだったけど。ナイフは切れすぎで怖かった。)

ピーラーで気分を良くした武士は、アスパラにも挑戦すると言ってくれましたが、
私がナイフで実演すると「そんな難易度の高いことはできない」というので、
「男のくせに鉛筆も削れないのか!!」と言うと、「鉛筆削れないからシャーペンばっかだった」と。
結局、ピーラーでやってたけど、何本か真中でぽきっと言ってました。
折れるたびに「ポーキーさんだ、また。」とそれなりに楽しそうでした。
(ポーキーさん、動画が削除されまくりです・・・。)
スイスチーズとチェダーチーズを市松模様に並べて焼いたら、超おいしそう&おいしかったー。
少しかけたガーリックソルトも効いていて、最高でした。

A間さんが気合を入れて作ったカレーは、もちろんおいしく、
市販のルーを使った普通のカレーとは思えないほどでした。
たまにはルーのカレーもいいね。おかわりしました。

この日も結局すべての酒を消費、楽しい夜は更けていくのでした・・・。
[PR]
by mic_tic | 2010-01-21 11:51 | たび
さて、二日目です。ゴルフです。
遅くまで飲んでいたのに、翌日早めの予約だったので、頑張って起きました。
海外にいる時は大抵起きれるけど。

今回泊まったコンドにはいろいろな施設が隣接していて、
その代表的なものが、この日回ったワイコロア・ゴルフ・コースです。
コースも二つあり、ビーチコースとキングスコースがあります。
私たちはまずビーチコースを予約しました。

朝ごはんはゴルフ場のレストランで。
(いちいち写真撮ってないのですいません。)
武士のメニューについてきたパンケーキ、うまかったー。

そして時間もぎりぎりになり、ゴルフ場へ向かうわけですが、
ここの練習場は最高というしかありません。やれなかったけど。
ネットがない、何ヤードか分からない、海に向かって打つ練習場です。
→これが練習場。

b0057220_20564170.jpg

値段も料金のうちに入っているので、練習したい方は早めに入った方がいいです。
いくらでも打ちたくなるような感じだから。
ちなみにアプローチの練習場も付いてます。日本にはなかなかないよね。



b0057220_20581541.jpg



b0057220_20593694.jpg

ところでコースですが、言うまでもなく広くて気持ちのいいコースでした。
芝生が青々としていて、こんなに気持ちのいいところでゴルフするなんて
本当に夢みたいと感激しました。
コース自体はいやらしくない、やっていて気持ちのいいコース。
グリーンも比較的難しくない方だと思います。

クラブはレンタルクラブを利用しました。
どんな真新しいクラブが来るかなと少し期待していたのですが、
結局来たのはナイキのセット。それも結構使いこんでる感じ。
アイアンは厚めで、振るとシュインシュインと音がして違和感。
私は普段、ドライバーとユーティリティ以外はメンズを使用しているのですが、
今回はレディースのクラブを借りてみました。
ちなみにレンタル料金は$50です。
クラブのシェアはできません。1プレーヤーにつき、1バッグです。
ウチはレディースとメンズと両方借りていたので、アイアンは武士のを借りてプレーしました。

日本でもたまにありますが、プレーは基本的にスループレイです。
9ホール後に飲みたくなるおいしいビールは、おじちゃんがカートで売りに来ます。
9ホールが終わったあたりで飲みたくなり、おじちゃんにビールを注文。
「これ、おすすめだよー」と教えてもらったのは、Maui Brewing Co.
Bikini Blonde Lager。1本$5。
(スーパーで買えば、$1.50位で買えます。)
この薄いビールが合うんだなー、この気候では。本当においしいです。(堀君)
その場で4本×2夫婦買おうと思ったら、在庫がないとさ。飲みすぎです。
ちなみにカートにはサービスの水2本がクーラーボックスの中に入っているので、
そこでビールを冷やすことも可能。持ち込みだって大丈夫です。

コースレイアウトはショップで買わなければいけません。
そこら辺は日本と違うところかな。
残りヤーデージもたまに地面に150yとか書いてはあるけど、
基本的にないものだと思った方がいいかもしれない。私には訓練になってよかったと思うけど。
もちろんGPSなんかついてない。
しかしコースの中を自由にカートで走れるのはいいですねー。楽。

で、で、結果ですが。
ベスト出しちゃいました!118。すごーーーーーーーい。
これなら誇りを持って人に言えますわ。
途中あまりスコアを気にしないでやろうと思い、計算していなかったのですが、
この日あまりドライバーの調子が良くなく、どうかなーと思っていたけど、
意外とアプローチがうまく行き、10以上を叩いてしまうコースがほとんどなかったので、
どうかなーと思っていたらこのスコア。
計算は部屋に戻って、私がシャワーを浴びている間に武士がしてくれていたので、
スコアを知った時はものすごい嬉しかった。はまっっちゃいましたね、完全に。

コースの後に、SAFEWAYに行き、今後の食糧を買い出しに。
スーパー大好きな私、一つ一つの棚をすべてチェックしたかったのですが、
そこはさすがに団体行動。少しだけ控えました。
大量の酒と食糧を買い込んでも大したことのないお値段。
やっぱりスーパーって最高です。
そしてレジで支払おうとすると、おばちゃんが「SAFEWAYカード持ってる?」と聞くので、
「住民じゃないんです。」って言ったら、「いいわよ、ここに名前だけ書いて!」って
カードを作ってくれました。するとレジにはマイナス表示が。
要するにカードを持っているだけで、その場で現金割引してくれるのです。
で、「ありがとうございました。今日は$20お安くなりましたよ。」って言ってくれる。
日本だとポイントカードに足していったりしても、小銭だけの割引感が強いけど、
$20安くなるって、相当なお得感。ありがとう、おばちゃん。

そしてホテルに戻り、A間シェフによるBBQ。ホテルにはBBQ施設も付いているのです。

b0057220_2103057.jpg

肉を焼き、野菜を焼き、ビールを飲み・・・。
肉はたくさん入っているパックでも相当お安く買えます。
BBQをやる予定があるなら、調味料系は持って行った方が無難です。
今回米と醤油は持って行きましたが、それ以外は現地調達しました。
何もかも大きい国です。
結果から言うと、オイルはほとんどあまり、ドレッシングは半分位、
トマトケチャップもほとんど余りました。塩・コショウは持ち帰りましたが。

b0057220_2111732.jpg

BBQをしていると、猫が近寄ってきました。
結局謎は解けなかったのだけど、この島にはたくさん猫がいました。
まるで飼い猫のように抱っこされている子も見ました。
その代わり犬はほとんど見なかったな・・・。調べてみようと思います。

この日もたんまりビールとワインを飲み、とても楽しい1日でした。
[PR]
by mic_tic | 2010-01-15 11:06 | たび
*長いので、これからハワイに行かれる人のための情報は、赤字にしてみました。

ハワイに行ってきました。
武士が去年夏休みを取れなかったこと、
RUEHL NO.925が2010年1月で閉店することを踏まえ、
ヒルトンオーナーズクラブの会員のご両親をお持ちのA間夫妻に
「ハワイ行きませんか?」と誘ってみたところ、
さくさくと話が進んだというなんとも私たちにとっては「やったー!」という感じ。
会社には「友達の結婚式で。」という理由で(笑)だって入って1カ月だもん、一応ね。

7日~12日の旅程。
宿泊先はハワイ島のヒルトン・ワイコロア・ビレッジのコンドミニアム。初ハワイ島。
AirはUNITED。マイルを使ってアップグレードを試みました。
目的は、初日ワイキキでの買い物、ゴルフ、ホテルでのBBQ。
初めてのハワイ島なので、オプショナルツアーもいくつか考えたけど、
意外と高いし、今回は余裕があればということで行きませんでした。

7日。
アップグレードは当日になっても分からず。チェックイン時にも分からず。
私はエコノミーでも大丈夫だけど、ウチの武士さんはでかいからね。
私は午前中仕事をした+いつもの喫煙可のバーで2パイント飲んだから眠いし、
もうどっちでも・・・と思っていたら、呼ばれました。ラッキー☆ビジネスクラス、ゲット。
食事もサービスもあんまり特筆すべき点なし。寝れればいいんです。
持っていった本もipodに入れていったビデオも見ずに、
機内でやっていたTHIS IS ITだけを見て、意外に早く到着しました。

朝7:04着。税関は早いためかガラ空き。
(15分遅れで到着したA間夫妻に聞いたら、鬼混みだったそう。)
ワイキキ空港はそんなに暑いといった印象もないけど、だんだん暑くなってきました。

今回はUNITEDからハワイアン航空の乗り継ぎで荷物がいったん出ます。
乗り継ぎの間アラモアナでお買いものが一つの目的だったため、
半分以上空のスーツケースはどうしようと思っていました。
出口近くに民間で荷物を預かってくれるところがあるのですが、4つまでで$20。
少しお高い。別便で向かっているA間夫妻を待とうと思いましたが、やめて、
一度ハワイアンにトライしてみることにしました。
搭乗時間まで10時間くらいあったから預かってくれるか不安でしたが、
自動チェックインの仕方が分からなかったので聞いたおっちゃんが普通に預かってくれました。
$20浮いたー。預かってもらうのが一番安心だし、よかった。

その後Roberts hawaiiというシャトルに乗って
(到着ロビーを出て、すぐに黄色いジャンパー着たお姉さんが立ってます。
片道$9、往復$15。今回は帰りの予約が難しいので片道で。)
アラモアナホテルまで行ってもらいました。
基本はホテルのシャトルだから、ショッピングセンターも止まってもらえるかもしれないけど、
いろいろ説明するのは面倒だし、隣接しているので一番スマートなアクセス方法だと思います。
タクシーの方が絶対に早いけど、少し時間に余裕があるならシャトルお勧めです。

アラモアナのショップのオープンは9:30。(日曜は10時)
空港~アラモアナまで所要時間30分くらい?早いです。
早めに着いたので、主に買い物するであろう3階に直行し、
ホノルル・コーヒー・カンパニーでパニーニとコーヒー。意外とおいしい。
さーてオープンしましたよ。

ま、いろいろなお店に行きましたが、ここで書くべきはRUEHLの閉店日
RUEHLでは今、すべての商品が50%オフになっています。
値段も見ずに鬼のように買い込む私たち夫婦。もう手に入らないのだからいいのです。
バーゲンの時の透明袋みたいのがあったらもっと買ってたかも。手に持ち切れないくらいでした。
そしてレジに行くと、「最終バーゲンなので返品はできません」と日本語でも書いてあります。
閉店日は記載されていなかったので、いつ?と聞くと、1/31とのこと。(30日だったかも。)
もうだいぶサイズが欠けていたので、もしかしたら最終週とかはもっと安くなるかもね。
夫婦合わせて、$500以上、いきなり使いました(笑)
プロパーだったら10万か・・・。こんなことは日本では絶対にできない。

日本でもオープンしたアバクロにはたくさん日本人がいましたが、私たちは素通り。
アバクロよりホリスターの方が好きなんです。
ちなみにどちらの店舗でもだいぶReduceしてました。これは初めて見た光景。
やはり不景気なのですね。さすがに安くしないと、お客さん、来ないもんね。日本人は別として。
しかしsale棚の見にくさと言ったら・・・。いちいち札を付け替えたりしないから、
本当に安くなっているのかいないのか分からないけど、ま、そこはどんぶりで(笑)
予算のある方はちゃんとレジをガン見してください。

今回の戦利品はもちろんRUEHL,HOLLISTERのものなんだけど、
その他に、GAPで超可愛いブーツを購入しました。
GAPの靴って結構侮れなくて、いいんです。
武士がパンツを購入してる間に暇だからプラプラしてて見つけて、一目ぼれ。
即購入です。本革。日本円にすると、CDが2枚買えるか買えないか位。
これはお買い得だったなー。
日本に帰ってくる時に履いていて、雨降ってて超ブルーだったけど。。。

途中、荷物が重すぎて、『プリティ・ウーマン』のように華麗に歩くのとはほど遠くなり、
まずは紙袋から戦利品用の折りたたみでかバッグに詰め込んで、
1階フードコートの近く・トイレの脇にあるコインロッカーに荷物を押し込みました。
1時間$2だったかな?お金を入れて、ドアを閉めるとレシートが出ます。
そのレシートに書かれたパスワードを開ける時に使うので、ちゃんと持ち帰りましょう。
また開ける時に延長料金を支払います。
使える紙幣は忘れてしまったけど、コインは使えません。

アメリカに来たら、$20はさっさと崩して、$1を持ってた方が身のため。
チップを払うのにおつりは出ないし、
(本当は$3 back,pleaseとか言えばいいらしいが、そんなのめんどくさいし、かっこ悪いしね。)
コインならquarterを持ってるのが一番。
私は小金使いの名人です。今回¢1足りないっていうのが続いて、結構残っちゃった。
日本でもアメリカでも¢1とか1円足りないとか、ものすごいはがゆいねー。

ほとんど休憩もせずにA間夫妻との待ち合わせ時間に。
待ち合わせはCoCo壱番館です(笑)
なぜならTAXI乗り場のすぐそばだから。
4人で乗ればTAXIも高くない。シャトルバスを待つ必要もない。
戦利品のカバンをさらに預け、機内持ち込みの検査。
ここでやってしまいました・・・。ABCストアで意気揚々と手に入れたスプレー式日焼け止め。
規格外で持ち込むことができませんでした。預けなおすのも面倒なので廃棄。約$10の損。
あーあ、あれ、職員のねーちゃんが使ってんだろうなー。

すっかり疲れ、狭い機内でガン寝。着いたのも分からなかった。
レンタカーの事務所に行き、手続きをA間ワイフ+武士でやってもらっている間に、
A間さん+私は、きれいな星空を眺めながら、「ここなら大丈夫ですよね」とお互いに確認しつつ、
ゆーっくりとタバコを吸ったのでありました。
ここの事務所で、何やらいろいろ手間取り、おまけにRubiconというジープが気に入らなかった
奥さまは、アップグレードをして、今回はクライスラーの超でかい車が旅の友となりました。
しかし、星、きれいだったなー。
オリオン座の中に他の小さな星がたくさんあるの、感激しました。

この後、ビレッジ内にあるイタリアンで食事をし、スーパーで買い物をして、部屋に戻り飲み直し。
さー、1日目終了。翌日は早朝からゴルフです!
[PR]
by mic_tic | 2010-01-14 16:08 | たび
あれやこれやと忙しかったGW。
締めは、父を訪ねて三千里。ではないけど。
1里は約4km。
父の住む長崎県西海市大瀬戸町松島までは直線距離で、約1000kmらしいので、
『父を訪ねて250里』だ。中途半端〜。マルコ、すげー。

仕事を辞めることになった時に、長崎に行こうと決めた。
父は昨年末に軽い脳梗塞を起こし、知らない間に検査入院していた。
自分が望んで遠い遠い島に移住した訳だけど、やはり病気になると心配せずにいられない。
母は一緒に行けるはずもないので、私一人で。
今回の目的は「ゆっくりすること」ではなく、「近所の方や病院の先生に挨拶」。
2泊3日の短い旅となった。

お土産は、ZUN子に教えてもらった「銀座 鈴屋」の甘納豆の詰め合わせにした。
私自身、甘納豆を食べないのでよく分からんが、結構な値段すんのね。
2000円のでごまかそうと思ったけど、「見栄えのいい方」で3000円奮発。
あらかじめ長崎へ送っておいた。

松島へは、長崎空港からバスや連絡船を乗り継いで約3時間かかる。
私は一人旅に慣れている方だし、時刻表を調べるのも好きなので
事前に西海市役所にメールをし、行き方を教えてもらった。
ネットで一生懸命探してみたものの、全てがまとまっているサイトがなく、
聞くのが一番ということでメールしたのだが、意外にすぐ返事が来た。ナイス。

なぜ情報がまとまっていないかというと、松島への観光客が少ないこと。
島にあるもののと言えば、松島火力発電所。
それ以外は何もないと言った方がよい。
レストランやバーの外食産業は一軒もなし。スーパーもなし。
極めつけは信号もなし。のどかなところなのだ。
目的を持って松島に行く場合、大体誰かが迎えに行くパターンらしい。
所さんがダーツで松島に当てた場合、島に渡るのに相当苦労するはず。
そして需要が少ないことにより交通機関が廃線になることがしばしばあるらしい。
タイムリーな情報は市役所に聞くのが一番!

私は市役所からもらった情報をもとに、時間を無駄にしない最適なルートを絞り込んだ。
が、そこはさすが世話好きな田舎の人たち。
空港まで送り迎えしてくれることになった。
私は10:30頃到着の飛行機で東京を発ったが、同じくらいに松島を車で出発する計算。
その後私を乗せて同じ道を戻る。
悪いからいいよ、と父には言ったのだが、来られるはずがない、の一点ばり。
甘えることにした。

行く途中には五十五島の見学に行ったり、
お世話になった皆さんと食事に行ったり、食事をお家でごちそうしてもらったり、
本当に「してもらう」ばかりの旅になってしまった。
(松島港に到着した時の写真)
b0057220_17295890.jpg

島一周も車でしてもらったのだが、途中にあったのが、『桜坂』。
福山雅治の、桜坂である。
なぜに?とお思いの方も多かろう。目黒の桜坂じゃなくて?とお思いの方も多かろう。
あの歌のモデルになったのは、目黒ではなく長崎県松島なのだ。
というのも、福山は高校を卒業して、電力会社に就職したらしい。
そして訪れたのが、松島火力発電所。
b0057220_1733339.jpg

ここに行くのに通った桜並木がとても美しく、この歌のベースとなったらしい。
とwikiにも書いてあった。
私が行った時は残念ながら桜の季節ではなかったが、
その代わり鬱蒼と緑が生い茂っている。イコール、桜の季節はすごくきれいそう。
この「桜坂」も本当にのどかなところで、猫が道の真ん中で堂々と寝ていた。
近くに車が行っても、慣れていないのか、全く動かない。
そろりそろりと車で近づくとようやく逃げて行ったが。
b0057220_17281240.jpg


b0057220_17315856.jpg


島一周の旅の途中には他にも、炭坑の跡地や、
「日本一小さな公園」と呼ばれるベンチが一つだけ海に向いて置いてある場所、
「白鳥の湖」と呼ばれる、ハウステンボスから買って来た白鳥が飼われている湖を見学。
b0057220_1735862.jpg

b0057220_1736585.jpg

b0057220_173733.jpg

湖では百葉箱に白鳥用のエサと貯金箱が置いてあり、お金を入れてエサをあげる。
完全にボランティアでやっているようだ。
お金を入れてエサをやっていると、たまたまそのおばさんが原チャリで来た。
話を伺うと、ハウステンボスで観賞用に飼っていたのだが、経営悪化により
売りに出された白鳥をつがいで買って連れてきたそう。
このつがいは共に羽を切られていて、飛べない状態。
翌年子供ができ、子供はその翼で飛び立って行ってしまったり、
カラスの被害でみんないなくなってしまったらしい。
そんなところ、オスの白鳥が、逃げないようにしてあった柵に
首を引っかけ動けなくなってしまったのだが、
おばさんが柵をどけると元気に湖の真ん中まで泳いで行ったらしい。
しばらく様子を見守っていたら、大きく翼をばたつかせ、そのまま沈んでしまったという。
おばさんに最後の姿を見せていたようで、切なかったとおばさんは教えてくれた。
なので、今はメスだけが残っている。
「もうオスは飼わないんですか?」と聞くと
「私ももう年だから、いつまで見れるか分からないしね」と
切なそうに言っていた。
島にあるただの湖なんだけど、こうやってみんなの憩いの湖になっている。
都会じゃこういうことに巡り会うこともそうないな。
ネコにエサをやってるのもボランティアっちゃーボランティアだけど、違う気がするしな。
なんだか心休まる経験をさせてもらった。
そういえば、初めて先祖の墓参りもした。
でも会ったことのない人ばかりだから、手を合わせて、何を思う?って考えちゃった。
神社じゃないけど、「みんな元気でいられるようにお守りください」って言ってみたけど。

途中「出る」とは聞いていたものの、夜行性のため見かけることのできないたぬきが
茂みの中にいるのを発見!東京でもたまに出るというけど、田舎のはでかい!
見ることはなかったけど、他にいのししも出くわすことがあるみたい。
田舎恐るべし。

目的の一つである、診療所への挨拶もきちんとして来た。
父から今どういう薬を飲んでいて、数値がどのくらいで、という話は聞いていたが、
やはり安心はできないので、説明をしてもらった。
先生は寡黙な感じの方で、一つ一つ説明をしてくれた。
もしも、という時のために、家の住所や電話番号も置いて来た。
想像していたよりもきれいな診療所だったし、何しろ家から2分くらいの距離だったので安心した。
前に父に「Dr.コトーみたいだぞ」と島の雰囲気を告げられていたが、
まさにその通りでびっくり。病院はもう少しきれいだし、居酒屋はないけど。
先生の飼っている3匹のわんちゃんたちと戯れるのはとても楽しかった。
もう少しゆっくりの滞在だったら、散歩もお引き受けしたい感じ。
だって他にやることがないんだもん。
(夕方、先生の家の玄関には「散歩中」の札がかかっていて、のほほん。)

今回、長崎に行って思ったこと。
お父さんは自分で望んで田舎に戻ったけど、本当は寂しいんだなということ。
口に出しては言わないけど、多分私が島に行ったこと、とても喜んだだろうな。
お父さんは松島で若い頃を過ごしたけど、途中は疎開で満州に行っていたし、
結局東京の方が生活は長いし、松島弁も話さない。
「この島では1歳上なら先輩」とまるで会社のような組織ができているみたいだし、
自分で「もう3年目に入るけど、『東京の人』と思われてる。」と言ってた。
あまり電話もしないけど、するようにしようと思った。
自分で行くと言ったから仕方ないけど、やっぱり東京にいてもらうべきだったと思った。
今更どうしたらいいかなんて分かんないけど。

とりあえず目的も果たせたし、今後は何かめぼしいものがあったらすぐに長崎に送ろう。
たくさんの人に世話になったし。
近くにいる、ってことは、それだけで安心できるんだなって思った。
なんか言葉にできないけど、今回の旅はとてもシュールな気持ちにさせられた。

遠いな、長崎。
[PR]
by mic_tic | 2009-06-04 11:18 | たび
3月も上旬を過ぎました。
さっさと札幌日記を完結しなければ。

日曜日でこのたびも終わりと言うことで、
この朝は全ての荷物を持って札幌国際へ。
朝から天気がよく、今日は滑れるかな、と期待できる感じ。

札幌国際に着くなり、人が多いこと多いこと。
この日は「スノーフェスティバル」と言うのをやっていて、小中学生はリフト代無料。
ちびっ子プラス両親、というパターンが多いので、リフト券売り場は激混み。
それに準じてリフト・ゴンドラ共に激混み。
天気は昨日の天気が嘘みたいに空は青。風は少々強いが、昨日の比にはならない。
b0057220_23123757.jpg
3時間リフト券を購入し、私の苦手なリフトに乗って上を目指す。
で、初めてやっちまいました。
リフト下り損なって、片ケツがリフトに残ってしまい、そのまま半身宙吊り状態(笑)
リフトを止めてもらった時にはもう足の届かないくらいの高さに。
飛び降りました(笑)





それからそのリフトに乗ると、おじさんが自動的にスピードダウン。
こけてもいいから板に乗って滑り降りろ、と。
できるもんならやってます。
あれ、できないんだよなー。。。何年経っても。。。
リフトは嫌いです。

何本か滑ってはみたものの、人が多い上に、地元の人が多いこともあって、
斜度がそんなにないところで練習していると、背後からビュンビュン。
気にせずに練習したいところだけど、衝突とかしたくないし、
「このへたくそー」とか言われんのもいやだし、
もうマジでビュンビュン禁止です。。。
タイミングを計ることがとても難しくて、途中でイヤになってしまいました。
ボーダーも少ないように感じました。
やっぱ地元民はスキーなのかしら。
やっぱりこの日も風が強かったので、顔も超痛かったし。
ま、意外とあっという間に3時間は過ぎましたが。
期待した雪質にはちょっと遠かったかな。
さっさと着替えて、荷物を送って、帰宅です。
クタクタだったけど、あまりバスの中で眠れず疲れました。
↓超いい天気でしょ?
b0057220_23112156.jpg

















新千歳で何を食べる?と言うことになり、私は海鮮系、武士はラーメンと
夫婦別行動。私たち、こんなことはよくあることです。
b0057220_22545371.jpg
私は「アーバン亭」という海鮮丼屋に入って、ロシア産なのだろうと思いながら、
「うにあられ丼」を注文。
うーん、、、今度はもう食べません。
所詮空港飯なのです。1階のおにぎり屋で十分です。
武士は味噌ラーメンを食べたようで、それもにんにくいっぱいだったようで、
くさかった。。。ま、しょうがないですけど。

b0057220_1584173.jpg



お土産には、ROYCEのビター生チョコと初挑戦の十勝しんむら牧場のミルクジャムプレーンを購入。
(HPのトップに出てくるワッフル、うまそぉーーー)
最近朝トーストを食べる時があるので。
練乳っぽいかなと思っていたら、もうちょっと甘さは控えめで、なかなかおいしかったです。
水あめを加えない自然の甘さのやさしいこと。当たりでした。

空港のショップにはプレーンとバニラしかなかったけど、オンラインショッピングではシナモンがある!
シナモン食べたい!

というわけで、今回の札幌旅は終了。
今年は雪に恵まれなかったと言うのが本音。
少しはうまくなったような気がするけど、果たして来年はどうかな。
[PR]
by mic_tic | 2009-03-16 14:57 | たび
ホテルに帰ってきて、さてどうしましょう。
こうなることを全く予測していなかったので、観光など全く知識がないに等しいのです。
時間も時間だし。
16:00からでは観光も出来ないでしょう。
そうなると前日に引き続き、くいだおれするしかない!
お昼ごはんを食べてないので、お腹もすきまくっているし。

この日の夕方は、昨日海産物だったと言うこともあり、ジンギスカンに。
お店はどこにしようかと迷ったのですが、札幌の友達が
「ジンギスカンは基本的にどこに言っても変わらない」ということで、
「夜空のジンギスカン」と言う店に決めていたのです。
(とみに教えてもらったところは西麻布に支店があって、ほとんど客が入らず、
すぐに閉店してしまったところだったので辞めときました・・・)
夜空のジンギスカンの予約時間は19:00。
そして現在の時刻は16:00過ぎ。
ここでがっつり食べてしまうとジンギスカンが食べられなくなる。
量を調整できて、北海道の地の物が食べられる。
となると、回転寿司でしょう~

ということで、すぐに札幌の友達にメールして、回転寿司の有名店を聞くことに。
土曜なのでメールはあまり見ないかなー、と思ったら、すぐにレスが来た!
すごい助かったよー。
彼のオススメは「トリトン」か「なごやか亭」だそうで。
携帯で検索するも、すすきの周辺には出てこなかったのでホテルのフロントに相談。
プリンスにはコンシェルジュがなかった・・・
正直頼りにならない感じだったので、ホテルで勧められたすすきのの回転寿司に
行く途中で方向転換し、地下鉄に乗って南平岸という駅まで行って、
「トリトン 平岸店」に行ってまいりました。
b0057220_22425891.jpg

b0057220_22433324.jpg

b0057220_22435513.jpg

















プリンス最寄の西11丁目から乗車、1回乗換えをして約15分ほどです。
駅から8分くらいかな?少し距離はあります。
店に着くと、まぁ駐車場の広いこと広いこと。
この店は車で来る店なのですね。
店に入ると中は活気があり、たくさんのメニューがぶら下がっています。
わくわくしてくるわ♪
店の中にも並んでいる人がいたので少し待ったけど、
割とすぐ入ることが出来ました。

しかし17:00前にこの混雑っぷりって何?みんな夕食が早いの?
お寿司自体を写真に写さなかったのだけど、ネタはどれも大きめで、
満足感の高い一皿になっています。一皿2カン。
一番高い皿はいくらだったんだろう・・・私のレシートの中では420円です。安い!
ジンギスカンの前だし、控えめにしておこうと思った私の意志、
速攻崩れ去りました。なんせ私、寿司は毎日でもいいほど好きなのです。
調子よくビールも飲んじゃったし♪
思い出せるメニュー・・・厚切りサンマ、真たち(また食べちゃった)、生本マグロ、
大人の鉄火巻(マグロがわさび醤油に漬け込んであるのです)、サーモン(うまっ!)
うにいくら(ロシア産だろうなと思っていても食べないなんてことは出来ない)、
ぼたんえび・・・あとはなんだったかな~
気付いたら、二人で18皿食べてました!!!
これはもう立派な夕食!!!
まだ食べられたけど、ジンギスカンのことが頭に・・・
あーもっと食べたかったー
お会計は、脅威の4700円!安い!安すぎる!
また行きたいなー。

雪が結構降ってきたので、持っていたストールをマチコ巻にし、すすきのに戻る。
全くお腹はすいていません。
さてどうしよう。あと1時間で予約の時間です。
ボーリングに行く?カラオケに行く?ゲーセンに行く?
というわけですすきの駅近くのセガへ。
しかしここはコインゲームばっかりで話にならない。
どうしようかと歩いていたら、屋上に観覧車のあるビル発見。
どうやらここはアミューズメントビルらしい。
入ってみたらゲーセンあり。ボーリングあり。マン喫あり。観覧車あり。
ゲーセンに行ってみたら意外と体力使いそうなゲームがあったので
二人で熱くいくつかのゲームをやってみました。
エアホッケーなんて久しぶりにやったわ。1点も入れられなかったけど(笑)
意外と汗かきました。
(けど、9皿の寿司は消化されるわけない)

いざ、「夜空のジンギスカン」へ。
店にはたくさんのサインが飾ってありました。
「夜空の」と謳う割にはカウンターが全て内向きだし、大して景色もよくない。
お腹いっぱいなので、アイスランド産生ラムと限定販売の道産のラム1皿ずつと野菜盛りだけ。
たまねぎと長ネギは最初から鍋においてあるし。
タレは特製の醤油・ゴマ、ハーブソルトが置いてある。
さ、アイスランド産、先に食べましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
武士と二人、ただただ消費する・・・。
ごめんなさい、おいしくなかった・・・。
去年の「ニセコロフト倶楽部」が偉大すぎたのか・・・。
一口食べただけで違いました。
申し訳ないけど、レアでなんて絶対に食べられません。
そして道産。
こちらは何とか合格レベル、って感じで。
決めました。もうロフト倶楽部以外ではジンギスカンは食べません。
あ、でもお会計は安かったです・・・ってあんま食べてないだけだけど。4000円くらい。

この日はWBCの開幕戦の日で、夜空のジンギスカンのテレビでも放映されてました。
私たちは肉を消費し、それからはテレビで野球観戦。
大量得点で勝った日だったので、なかなか盛り上がっていました。
私たちにとってはジンギスカン屋というより、ベースボールバーみたいでした。

この後は最終日と言うこともあり、これまた札幌友達のオススメ、
プリンスの最上階にある「Top of Prince」(芸のない名前。)へ。
彼曰く、商談ついでにここにお客さんを招待すると、ほぼ100%商談がまとまるそうです。
プリンスは円柱型をしているので、円周は全て窓になっていて、夜景が見える形。
スタッフの方に聞いたら、今プリンスは札幌内で3番目に高い建物だそうです。
(1番は札幌駅/日航ホテル)
ここでは、武士の会社のボトルが入っていると言うことで、
最初から最後までJW Greenのソーダ割り。
ウイスキーが飲めるようになると、バーやラウンジでも困らないね。
武士は昨日購入した葉巻を片手にゆっくりできたみたい。よかったね。
28階から見る札幌はオレンジ色の街頭の光に包まれてあたたかい感じ。
東京のギラギラとは違うね。

というわけで、明日の天気をお祈りして、おやすみなさい。
今日もたくさん食べました!飲みました!

トリトン
公式:http://www.kita1.co.jp/toriton/
食べログ:http://r.tabelog.com/hokkaido/A0103/A010303/1004080/

夜空のジンギスカン
公式:http://www.yozojin.com/
食べログ:http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1003369/

Top of Prince
公式:http://www.princehotels.co.jp/sapporo/restaurant/top_prince/
食べログ:http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1005710/
[PR]
by mic_tic | 2009-03-12 13:52 | たび
2日目、7日は8:30ホテル発のバスに乗って、いざ札幌国際へ。

その前にホテルで朝食。
普段国内のホテルで朝食はほとんど取らないんだけど
(武士は朝ごはんに米は絶対に食べない)
今回のツアーは2回朝食が付いていたので、しっかりいただくことに。
3つのレストランから選べるんだけど、私たちは時間もないし、ビュッフェにした。

まぁ、アジア系の方が多いこと多いこと。
日本人より韓国や中国からのツアー客がものすごく多い。
カニを食べに来るのかしら。旭山動物園に行くのかしら。
ボードを持っている人は一人もいませんでした。
白人さんが少しボードを持っていたかな?
きっと去年より白人率は低いことでしょう。
ニセコはどうなっているかな?
あのセイコーマートのガイジン率は異常だったな・・・

バスでの所要時間は1.5時間。
その間はもちろん爆睡でございます。
起きた時にほとんど降っていなかった雪は、だんだんと強くなる。
でもまさかその後のことは想像もしていなかった。

さっさとクーポン券をリフト券に交換し、8人乗りのゴンドラに乗り込む。
というか強風でこのゴンドラしか動いていなかったのだ。
まだ時間が早かったので2人専用。
ゴンドラから見る景色・・・
吹雪いていて前が見えない・・・
大丈夫か?滑れるのか?

山頂に着いて、とりあえず板を付けて、滑ってみる。
2メートル先、目視できませーん!(織田裕二風にどうぞ。)
雪はさらさらで超パウダーだけど、それが風に舞いまくっている。
私はこんな天気の日に滑ったことがないし、前が見えない、
武士を見失う、コースが分からない、人にぶつかったらどうしよう、と
不安ばかりで、体がコッチコチ。
フェイスガードをしていないので、顔が凍りそうで痛い。
ターンも出来るはずなのに、いつもの体重移動では全くエッジが立たず、
ものすごい転び方をしたりした。
この雪なら多少転んでも痛くないだろうと思い切って転んだところが
意外と硬かったりして、尾てい骨の痛み、復活してしまいました。
それでも途中晴れ間が見え、これならいい感じと、何とか滑りきり下に下りる。

武士もさすがにこの状況には驚いたらしく、
とりあえず山頂までもう一回行って、様子を見よう、ということに。

で、コーヒーを頼み、外を眺めていた時に書いたのが「今日の札幌国際」。
その吹雪具合は、ものすごくて、どう表現していいか分からないけど、
ものすごく細かい埃をずっと吸い続けている高性能掃除機の集塵部分にいる感じ。
正直吹雪いているのを初めて見たので、これを下るのかと思うと
恐怖もあったけど、なんか笑ってしまいました。

しばらく様子を見ていたら、アナウンスが。
「天候調査を行っておりましたが、本日は吹雪のため、
全てのゴンドラとリフトの営業を中止いたします。」だってさー。
さてさて、下りねば。
ロッジの店員さんに「こういう場合、店員さんはどうやって下りるんですか?」
と聞くと、「スキーで下りてきてください。って言われると思います。」と。
まぁね。だって動いてないしね。
「お客様、もし不安なようでしたら、レスキューに電話して、
スノーモービルで送ってもらえますけど、どうします?」と。
武士はスノーモービルに乗ったことがないから、乗ってみてもいいけどさー、
とは言ったものの、やっぱり自力で下りることに。
怖かったけど、もうゴンドラが止まってから時間も経ってるし、
人もいないだろうと言うことで、ゆっくり下りる。
でも怖いからやっぱりうまく滑れなかった。
山の中腹くらいに着くと、人がぱらぱら見え出して、遭難せずに済んだわーと
思いつつも、今度は人に迷惑かけないように、と緊張。
結構スキースクールの人とかがいて、回避できない同士だし。
ま、何とか下に下りれました。この時点で12:30前。
結局この日は2本しか滑れなかった。
でももしゴンドラが動いてても、滑らなかったかも。怖すぎた。

スキーセンターは人がごった返している。
今到着したような人もいる。
帰りのバスを17:00にしていた私たちは、速攻バスセンタに行き、変更を申し出る。
ま、バスセンターも馬鹿じゃないので、市内行きのバスはもう手配済みとのこと。
よかったー。ここで何しろって言うのよ、って感じだし。
結局13:30に繰り上げになり、混乱の末14:00に出発した。

さーて、こんなことは予想もしていなかったから、これからどうしましょう。
昨日に引き続き、くいだおれるしかない。
16:00から?はははー。だってやることないんだもん。

(グルメ編は後ほど。)
[PR]
by mic_tic | 2009-03-10 14:32 | たび
昼で仕事を上がって、新宿駅からリムジンバスで羽田へ。
6日の東京はものすごい雨。
羽田に着くと、札幌行きの便は天候調査中。
アナウンスでは、
「新千歳空港悪天候のため着陸できない場合は函館空港に着陸、
または羽田に引き返す場合もございます。
ご了承のうえ、ご搭乗下さい。」
ご了承したくないんですけど。
天候調査は無事離陸許可が出たみたいだけど、函館に着いちゃったら、遠いじゃん・・・。
と思いつつ、搭乗。

離陸後、乱気流でジェットコースターみたいに揺れる。
私は飛行機が得意な方だけど、結構びっくり。
おおっとか言ってしまいました。
ま、その後は特に問題なく新千歳に着陸。
新千歳上空より羽田上空の方が荒れていた模様。

そこからエアポートシャトルに乗り、札幌駅からタクシーで
この旅の宿、札幌プリンスホテルに到着するや否や、
1軒目のお店へ。

この日1軒目に選んだのは、武士の会社の人お勧めの「味処 まつ田」。
漁連関係者も立ち寄るという海鮮居酒屋。

b0057220_23324021.jpg
お通し。
おいしい。
これはいい感じ。
















それから頼んだもの。

b0057220_2333617.jpg
北海道のお魚の刺身盛り。
中でも一番おいしかったのはサメガレイ。
甘くて、歯ごたえもよくて、おいしかったー。

b0057220_23333154.jpg











菜の花とはまぐりのワサビ醤油がけ。
ちょっとはまぐり、ガリっとした・・・。
私、あまり貝が得意じゃないのはこれなのよね・・・。

b0057220_23335310.jpg










タチのポン酢がけ。
湯沢でも食べたけど、あれば食べる一品。
クリーミー。ぷりっとしててすごいおいしい。

b0057220_23341671.jpg










焼きたけのこ。
少しサイズが小さかったかな。
味噌を出してくれたけど、これは塩で食べるべき。
味噌なんかで食べるのもったいない。

b0057220_23345962.jpg










少し奮発したタラバガニ。
もっと高いカニもあって、そっちを勧められたけど、
もうさんざん刺身も食べたしね。














このあと、ウニ丼を食べようと思い(どんだけ~プリン体。)
お店の店長に「半分とかできますか?」って聞いたら、
「ウニは今ロシアのだからおいしくないよ。」って言われて、断念。
2粒だけウニをいただいたけど、確かに身の締まりがないというか・・・
それでもおいしかったけどねー。

店長が「初めてですよね?」って聞くので「ええ、会社の人間がたまに来ているみたいで」
と話し始めると、固有名詞が出て、「あの人豪快ですよねー」という話になる。
カウンターはやっぱり楽しい。
話が出来なければこの時期のウニがロシア産だなんて思わないもんなー。

北海道海の幸、堪能できました!
残念だったのはお酒の種類が少なかったこと。
お店のバイトの女の子がお酒をまるで知らない若い子で、
日本酒の下に書いてある+12を「お酒の度数」って言ってて・・・。
お酒は湯沢の方がいいな。
トイレは東京では昔懐かし男女共同!
男性の背中を見ながら、トイレに入らなきゃいけないの、ちょっと嫌です。
結構な量を食べ飲み、15000円くらい。
すごい安いわけじゃないけど、満足。

このお店は酒屋のあるビルの2階にあり、1階には葉巻も売っている。
最近葉巻好きな武士はそこで1本葉巻を購入。

b0057220_23371926.jpg

そしてその後は、地下にある「白楽天」というモルト&シガーバーへ。
ここは草ふえの小松さんのご紹介。
間違いないでしょう。

10人強が座れるコの字型のカウンターの正面にはヘルムでも見かけるたくさんのモルト。
照明もいい感じです。
あとちょっと広めの個室が二つ。いいお店です。
トイレはビルの共同だからいまいちだけど。




私はまずウォッカトニックを。
武士は「ウォッカベースで柑橘系を」と言ったら、ピンクのシーブリーズを出されて苦笑い。
ま、仕方ないですかね・・・。

b0057220_23375434.jpg
この店で感動したのは、お通し。
奥左から、ゴマのポンデケージョ・ドライアップル・ミックスナッツ・ROYCEのチョコ。
ナッツ以外は全部いただきました。
おいしかった。ちょっとしたデザートっぽい感じ。











その後はカウンターでバーテンの方と会話を楽しみ、ウイスキーを楽しみ。
武士は正体を明かしてないのに、「葉巻に合うモルトを」と言ったら、
いつも飲んでいるモルトが出てきてさすが!
シーブリーズは間違いだったな、ときっと気付いたことでしょう。

普通ならここで終わりなんだけど、
ウニ丼を食べていなかった私はもう一つ食べ足りない・・・
そして「ハーフがある」と調査で知識のあったラーメン屋に行くことに。

b0057220_23382616.jpg
札幌在住の私の幼なじみもお勧めの「ラーメン 信玄」へ。
あまり並ばない、と書いてあったけど、並びました・・・。
お店の場所は少しすすきのエリアから離れるんだけど、分からないので、
客引きのにーちゃんに聞きました。親切に教えてくれました。笑。









待つこと20分くらい?店の中にも行列だったのでしょうがない。
「味噌を食べること」と幼なじみに言われていたので、迷わず「信州」を。
最初はハーフにしようと思っていたけど、普通にしちゃった。笑。
0時を過ぎてますけどね。笑。

b0057220_23391356.jpg
麺は黄色い卵縮れ麺。中太。
スープは少し脂が乗っている感じ。
ベースはよく分からないけど、豚と鶏、魚介も入っているみたい。
にんにくの風味もしました。
普段味噌ラーメンをあまり食べないけど、おいしかったー。
しつこくすぎなく、あっさりすぎでもなく。
とてもバランスのとれた感じ。
あのスープで鍋したい~。







というわけで、この日は終了。
ホテルに帰ってキュウバタン。
当り前か。
次の日は朝早いしねー。

味処 まつ田
http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1009937/

白楽天
http://www.susukino.gr.jp/regular/bar/0710/index.html

信玄
http://r.tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1002793/
[PR]
by mic_tic | 2009-03-09 23:51 | たび
前回のスノボ@越後中里は、雪もなく、ケガもしてしまったので
ものすごく消化不良だったため、武士と相談の上、
今シーズンもう一回行きましょうと言うことになったため、
会社にいる時間のほとんどを費やして格安ツアーを検索。

普通の旅行と違って、スノボのツアー検索ってものすごい時間がかかる。
普通、楽天トラベルとかyahoo!トラベルで検索すると、それなりにオプションが選べるし、
ずばっと来るのが見つかるんだけど、スノボは何か分からないけどイマイチ。
楽天なんて全日空のツアーしかないし。
多分スノボに行くのにいちいちエアーを気にする人っているんだろうか。
どっちかと言えば、送迎のバスが付いているとか、リフト券が付いているとか、
温泉が付いてるとか、「スノボ」中心に考えると思うんだけど。
見つかったと思ったら、1泊3日とか。
ん?時差ですか?と思っちゃった。
2日目の宿は自分で取りなはれ。ってことらしい。
荷物も多いのに、そんな移動したい人っているのかね。
スキー場の近くに泊まるって人もいるのかもしれないけどさ。

で見つけた激安ツアー。2泊3日、全日空、リフト券付き、バス付き、朝食2回付き、
ホテルもいくつかから選べる、って至れり尽くせりで、34500円。
びっくり。一部の時間帯は飛行機もプラスが付くんだけど。
これは行くしかないでしょ。
金曜の夜に出て、日曜の夜に帰ってくれば、有休使用なし。
有休を使いまくってしまっている武士は、ゴルフ以外で有休を使いたくないので
この日程なら行けるということで、申し込みは私に託された。

日曜にツアー会社に申し込んだら・・・同じことを考える人はたくさんいるらしい。
午後の空席は16:00と15:00の便にしかない!
うーむ。日曜は武士がゴルフに行っていて相談できない・・・。

そして急遽、もうちょっと割高な同じようなツアーを探し、電話。
したらその会社、超~最悪な会社でした。
まずyahooトラベルのツアーのページを見ると、一番下に電話orメールで問い合わせ、
ってところがあるでしょう。普通、そこに電話しますよね。
旅行企画会社と販売旅行会社名が違っていたんだけど、問い合わせの電話は
販売旅行会社の電話番号。
電話が通じるなり、スキーの担当が電話中なので折り返すとのこと。
待っているとかかってきて

販:実はですね~そのツアーは私どもで取り扱っていないんですよ~
m:は?今、yahooで検索したら出てきましたけど?
販:(旅行企画会社)が取り扱っているはずなので、そちらに電話してみてください。
m:じゃ、画面に出てたのは何ですか?

ま、いいや、電話しました。

m:yahooで見て連絡したんですが。
企:yahoo?ウチは取り扱ってませんが。
m:は?(販売会社)に電話したら、こっちで扱ってると言われたんですけど。
企:いえ、去年まではやってましたけど、今年はやってません。
m:はー?分かりました。

おっさんに文句の電話。

m:取り扱ってないって言われたんですけど、どういうことですか?
販:あ~、取り扱ってない。。。う~ん、あ、電話するセクションが違ったんですかね。
  じゃ、再度折り返しますので、すいませ~ん。

はい、もうこの時点でお宅のツアーは申し込みません。
そこで武士に電話。
ま、プレー中ですけど、時間急ぐんで。
「うーん。。。じゃ、しょうがない!午後休取るか。」
その言葉をあと30分早く聞いてれば、変なおっさんとの無駄な電話なんてしなくてよかったのに。
ま、いいです。行ける事になったし。
この激安ツアーのビッグホリデーは対応がすごい良かったし、何しろ安い。
それに比べて・・・エアートーヨーは。。。晒しちゃいました。

ホテルを温泉付きのところに変えて、
飛行機をちょっとゆっくりできる時間に変えたら、少し高くなってしまったけど、
今回は3メートル強のパウダーを楽しめそうです。

仕事が面白くない分、最近はスノボやゴルフの練習、英語、と
仕事以外の時間を楽しむようにしています。
それじゃなきゃ、ここで座ってる意味がないもん。
体の動く内は(って、ばばぁみたいな発言だけど)楽しまなければね。

札幌グルメ情報、お待ちしています!
[PR]
by mic_tic | 2009-02-23 16:40 | たび