カテゴリ:おしごと( 25 )

またサボリ癖が出てしまいました。
あまり話題もないのですが。。。
ここ最近のアップデートでもしましょう。

仕事。
マネージャーが代わって、以前と少し変わってきました。
週に1度のミーティングでは顧客満足とは何か、とか、
それをどうやったら達成できるか、とか、話がとても哲学的で、
その事について考える事はとても重要な事だと分かっているけれど、
あまりにも話を大きくしすぎてゴールが見えないと言うか、
そもそもこのミーティングは、新任マネージャーが上司に対して
自分のパフォーマンスを見せるためだけにやっているような気がして、
いまいち入って行けないと言うか、逆にテンションだだ下がりみたいな。。。
もっと身近にお客様に対してできる事があるような気がするし、
本当にお客様が欲しがっているものは何か、きちんと追求して、
その中から本当に重要なもの、有益なものを精査して始めるべきなのではないか、
と精神がかなり後ろ向きです。

その上、派遣社員にも休日出勤をしてもらうとか、
個人の携帯電話の番号をシェアさせてほしいとか、
派遣法ってご存知ですか?って聞きたくなるような事を言い出したりして、
今まで全く問題なくやってきたのに、どうもすっきりいかない。
(休日出勤の件も、携帯電話の件も、私ほか反対派の猛抗議に遭い、
「当面は」なしと言うお答えが来ましたが、「当面は」って言うのもね・・・)
私が社員として働かないのは、私自身がfamilyを一番に考えているからです。
週5で働いて、せっかく来た週末や連休は自分の体を休めるとともに、
家族のために過ごす日であると私は思っています。
仮に3連休でどこに行く予定がなかったとしても、1日働かなくてはならないかもしれない、
というみなし労働が入れば、それは3連休ではなくなるし、
じゃあ、割増料金でお金あげますから、って話でもないと思うのです。
お金が欲しい、できるだけたくさん働きたい、って人はいいかもしれない。
でも私の場合は違うのです。
こんな事があり、ここ2週間ほどは毎日がため息、文句ばっかり。
完全に不満分子でした。
だけどやっぱり副作用で肌は荒れるし、1:1で「大丈夫?」って位
言いたいことを言ったので、もうしばらく「貝」になる事にしました。
自分にとって不利益になるかもしれないし(もうなってるかもしれない)、
世の中の常識が通用しないのなら、私がどこかに行くしかないかもしれないし、
おとなしく見守る方が状況を見極めるためにも、肌のためにもいいと感じたからです。

しかし仕事って難しい。
上の人たちだってそう思っているでしょう。
一つつまずいてしまうと、そこからうまく歩んで行けなかったり、
調子に乗りすぎて転んだり。
結構最近までかなりいい感じに来ていたのに、
いきなりテンションだだ下がりで貧血状態です。
あまり深く、まじめに考えないで行こう。
それじゃなくても、なーんか目立ってしまう存在なのだから。

いべっちが会議で連発して、上の人に「さすがに・・・」って言われちゃった言葉、
私も吠えてやろうかと思いましたが、一応女子なのでやめておきました。
(台詞の内容は過激な言葉なのでここでは慎みたいと思います。
知りたい方はいべっちまで。)

楽しみを見つけなければ。
[PR]
ども。
4月ですね。
3末で窓を卒業しました。
飲み会は面倒なので遠慮して、酒なしのランチでさよならしました。
そして次の日からリンゴに行ってます。
スパイじゃありません。決して。
1日目からいきなり残業しました。
次の日は定時。
土日を挟んで、昨日。
残業。
それも会社を出たのは、23:20。
残業なしの仕事ばかりしてきた私、
初めてそんな時間まで会社にいました。初体験。うふ。
家に帰ったら、飲んで帰ってきた武士が先に家にいて、
「どうしたの!?」としきりに聞かれました。
なんか4月1日からシステムが変わって、社員の人たちもてんやわんや。
それに乗じて、私もてんやわんや。
っていうか、半年前に辞めた会社の仕事、覚えてません。
思い出す暇もなく、やらされてる感ありあり。
ちょっと昨日はびっくりしちゃいました。
でも今日は何だか仕事がサクサク終わり、定時を少し過ぎた頃、
「どうやら終わったみたいなんですけど・・・」と言ったら、
昨日一緒に会社を出た社員の人が「いいよ、みんな気付く前に帰っちゃいな」
と言うので、サクッと帰ってきちゃいました☆
というわけで、今日、ようやくブロギングできました。
ま、とりあえず空きすぎるのもどうかと思うので、近況報告でした。

あ、土曜、ゴルフに行ってきたんですが、
国内ベスト更新しました。
とは言っても、ハワイのベストにはほど遠いが・・・。
[PR]
仕事を辞めると決めて、ちょろちょろと「この人には話しておいてもいいかな」と言う人には
仕事を辞める本当の理由を話している。
約4カ月の短い付き合いなので、その人が本当に信用できるかなんて定かではないけど、
もし本当のことがばれたとしたって、私は契約を更新しなかっただけで、
その後の人生は派遣先の人に何やら言われる筋合いはないと思っている。
派遣社員は会社の都合で切られる時は切られる、有無を言わさず。
だったら派遣社員だって、会社を切る時は切る。お互いさまでしょう。

私が会社を辞めると派遣元の担当者に話した時に、
「履歴書が汚れるからもう少しいた方がいい」と言われた。
要するに期間の短い派遣の職歴が増えれば、どうして辞めたんですかって話にもなるし、
短くとも半年はいたほうがいいと思うよ、って言われたけど、
じゃあ世の中にどうして短期の派遣があるのかと問いたくなる。
自分の納得しない仕事を続けて、毎日を摩耗するのは、
履歴書どころではなく人生を汚すことになるのでは?と思う。

私が話した何人かは、私の予想に反した反応を示してきた。
誰も「もう少しいなよ」とか「辞めんのやめなよ」とかいう人は一人もいなかった。
人気がないということか?(笑)
そうじゃなくて、私の選択をすごくポジティブに考えてくれていた。

「micちゃんの力を発揮できるところが他に絶対あるよ」
「私も実は少し考えてるんだ、ここにいると腐るから」
会社の問題と言うより、自分の仕事に対して見つめ直している人が多くて意外と驚いた。
みんなが本当は飛び出したいけど、そのタイミングを見計らってる。
時期や時代の問題もあるのだと思うけど、そこは会社の問題なのかな。
それなりにでかくて、有名で、ステイタスもあって、となると、なかなか飛び出せないのかもしれない。
それはそれなりだけど、エキサイティングな人生ではないなーと私は思う。

今回リンゴに動くのに、リンゴ所属のKさんにはとてもお世話になった。
実際問題Kさんが私にしてくれたことは、教えてもいい情報を教えてくれた、ってだけなのだけど、
私にとってはほんの少しの情報でもとても有益だったし、
教えてもらったことで精神的に安心したこともあったし、
時には「そんなこと知ってても教えてはくれないだろうし、質問攻めなのもウザいだろうな」と
思いつつもメールさせてもらって、答えまでもらって、さらにはこんな言葉まで頂いた。

「私は立場的に知っていることがあるけど、知りたくない人には教えたくない。
micちゃんはちゃんと自分の知りたい情報を聞いてくれるから、答えやすかったし、
積極的に聞いてくれるのはとてもやりやすかったよ。」と。
そして決まった後には
「おめでとう。強く願うと叶うのね。micちゃん見ててそう思った。
みんな途中で諦めちゃうから達成できないんだな、きっと。」と言ってもらった。

この言葉をかけてもらった時に、なんか嬉しかった。
ただ私は少しだけ貪欲に、自分の欲望を叶えたかっただけなのだけど、
自分のやり方や考え方が間違っていなかったことを確信したし、
能動的で「スリープ状態」の人間でないことを再確認できたから。

ただし私の場合、興味のあるところとないところへの差が激しいから、
この会社にいる上においては能動的なんだけど。
もう少しのほほんとラクに生きれたら、と思うこともあるけど、
今回のような時は女豹と化すのも悪くないなーと思う今日このごろなのです。
[PR]
さぼってしまいました。
みなさん、こんにちは。

さて、私、決めました。
会社、辞めます。

11月中旬にこの会社に入り、3か月とちょっと。
またまた「早っ!」のレベルです。
忙しかったのは最初に引き継ぎの時だけ。
あとは凪どころか、きれいに整備されたコンクリートの道のように
何の盛り上がりもありませんでした。
だけど、仕事の決まらなかった41日間を思うと、
そう簡単に動くわけにはいかないと私も思いました。
その状況でも私を動かしたのは、そう、リンゴちゃんです。

リンゴを辞めてからも、家が近所である部署のアドミさんとは
飲みに行ったり、ゴルフに行ったりで、連絡が途絶えることはありませんでした。
また同時に、リンゴちゃんの方とは偶然駅で会うことが多いのです。
私は駅ですれ違う人をガン見し、知っている人であれば挨拶なり、会話なり、
必ず取るようにしていていました。
私は強くリンゴちゃんを愛し、いつかリンゴちゃんの元へ、と願っていました。

ちょうど3週間ほど前、私がリンゴに入る際に面接をしてくれたIさんに
駅でばったり会いました。
私は単純に会えたことがうれしかった。何でしょうね、この気持ちは。
彼女は私に気付くと、仕事の時には見たことのないような表情で
「久しぶりーーー!」とハグしてきました。
ちょっと戸惑ったけど、Iさん、私の事ハグしてくれるんだ~と思い、ますます嬉しかった。
そこで仕事の現状の話をしたら、「実はさー」という話になり。
まだ本決まりではないけど、確実に近いうちに募集があるという話をしてくれました。
その時点で私は一人心の中で盛り上がり。
絶対にそこの枠とったるでーと思ったのですが、今の会社の契約、どうするかな~、
という問題も一つここで沸き出てきました。

リンゴちゃんは何でもそうだけど、意外とぎりぎりまで決定事項はもらさず、
発表になったらすごい勢いで動くところなのです。
だから下の人は「こうなるだろうなー」と思っていても、実際に動けず、
その日になってバタバタと作業することになるのです。
それと同じように、今回の募集の件も、その時点では完全に決まってないけど
近いうちにあるよ、っていう情報しか得ることができなかったのです。
そして私の方はと言うと、4月からの3か月の契約をどうするか、
すでに答えを待たれている状態でした。

ここで私はとても迷いました。
a)3か月の契約をする→リンゴの夢は断たれる
b)1カ月の契約をする→相当なる説明を要する
c)契約をしない→リンゴに入れなければ再びニート生活or転職

まずaはほとんど考えませんでした。
なぜなら、リンゴへの強い希望があるから。
面接をして、落とされる可能性もあるけど、このチャンスを逃す手はないから。
そしてcも始めは考えませんでした。
雇用状況の悪い今、また何もない状態に戻るのはリスキー。
そして何より家族にも申し訳ないし、自分にとってもいいことがない。
保険とか切り替えるのも意外と面倒なのですよ。
そして結局、bを選ぶことにしました。

派遣会社の担当者には相当突っ込まれました。
理由を転職にしなかったから。
私は嘘をつくのは得意ではないから、しどろもどろだったと思います。
ばれてるかもしれません。でも、いい。
最初に「家族の問題がありまして、もう少し待ってほしい」と待たせ、
「問題は解決しました。けど、私の体調(頸椎症)がひどいから、
病院に行ったり、休みをもらったり、迷惑をかけるので。」と1カ月に落ち着きました。
それでもいろいろ突っ込まれ、私も面倒なので「仕事も納得していないし」と
正直なところについても話しました。
すると担当者は、その仕事面の方をつっつき、
「そんな状態で仕事続けさせていいのかな~」と管理者のように言いました。
あなたにそういうことは言われたくない、と思ったけど、黙っていました。

そしてそう言っている間にもリンゴちゃんの方の状況も変化を見せ、
仲良しのアドミさんが
「リンゴちゃんに本当に戻りたいなら、standby状態に入っておいた方がいい」と
アドバイスをくれたのがその翌日。
私は担当者のセリフをうまく使わせていただくことにし、ついにcのプランで行くことを決意しました。
夕方上司に呼ばれ「1カ月って聞いたけど」と言われたところで、
「昨日はそのように言っていたけど、担当者と話し、昨日考えたのですが、
やっぱり3月いっぱいで失礼しようかな、と思っています。」と言ったら、
「もう少し考えてほしいから、来週明けに返事をくれ。」と言われました。
もう私の中で返事は決まっていたけれど、一応の義理で承諾をしました。
そして週明けに、やはりcで、と返事をしたのです。

そしてリンゴちゃんから待望のオファーがやってきました。
つい今さっき元の派遣会社に電話をしたら、顔合わせなしで行けるそう。
きゃー、これ、もう決まったも同然でございます。
もう、本当にうれしい。
いろんな人に話したいけれど、話せないのがちょっと辛い。
今の部署に同じように隠密行動している人がいるんだけど、
その人にはもうほぼ、って話もしているし、辞める前にこそっとランチビールでもしに行こうかな。
その人もあとは返事をもらうだけっていう状況だから、
早くいい返事が来るといいな、と願っています。

うわーい、またあそこに戻れるんだ。
楽しみな春、です。
にやけないようにしなくては。
[PR]
今Aをやってる。あまり好きじゃない。
本当はBがやりたい。大好き。

Bをやらせてもらえるかもしれない。
でも本当にやらせてもらえるかはまだ決まってない。

Bができるなら、Aはやめる。
Bができないなら、Aを続ける。

Aを続けるなら、早いうちに返事をしなくちゃいけない。
Bの決定はまだいつになるか分からない。

AもBもない状況にはなりたくない。

さてどうしよう。
[PR]
さて、一人立ちいたしました。

最終日にはもう引継が終わっていたと思いきや、
昼過ぎに行った引継状況報告のミーティングで、
あれやこれやと足りないところが見えてきて、前任者はあたふた。
おまけに彼女、結構整理のできない子と見えて、
机の上にはファイリングされていない書類や、
いるのかいらないのか分からないような資料が盛りだくさん。
夕方過ぎに「残業できる?」と言われ、残業決定。
普通最終日って、もう引継も終わって、私物も片付け終わって、
お世話になった人におかしとか配りに行ったりするよね。
ところが彼女の場合、逆に席にいろいろな人が来た!
挨拶している間、私は放置プレー。
そしてお花の贈呈に入ったら、突然号泣し始めた!
その間私は放置プレー。
あのー。。。
結局20時近くまで会社にいる羽目に。
悪い人じゃなかったけど、最終日はちょいいら。
結局この日、彼女は終電までいたらしい。(朝メールが来た)
意味が分からない。

そして翌日、マイデスクへ行くと。。。
ちっともきれいになっていない。
今にも彼女が出勤してきそうな感じ。

ま、そんなわけもなく、まずは机の整理から始めましたとさ。
昨年度の書類をどうして私がファイリングするかね。。。
おまけに彼女は心配症なのか、机の上にキープしてあったクリアファイルが
100枚以上あった!(それでもまだ半分)
通い袋も同じくらいあった!
佐川の伝票も、バイク便の伝票も、きっと私が辞めるまで注文しなくても
いいくらいにキャビネにある!

捨てられるものをガンガン捨て、ファイリングをすごいスピードでこなし、
入力してない名刺の重複を調べ、入力。。。
普通これが人を迎える時、っていうデスクにやっとなりました。

しかし、事務に向いてない子ってやっぱいるのね。
私ももしかしたら今の仕事は向いてないかも。
でもしばらくは「お金を稼ぐ」って為だけに頑張らなくちゃなー。
なんか、「そんなこと自分で調べれば?」って感じのことばかり聞かれるんだもん。
今日は「NEXのチケットはPASMOで買えるのか調べといて。」だって。
そんなの毎日JRで通ってんだから、駅の人に聞けよ!
・・・でもそれが仕事らしい。
毒を吐かないように気をつけなければ。。。
[PR]
もうすぐ引継も終わり。
来月から一人立ちです。

会社は・・・慣れれば別に大変でもなさそうだけど、
一番大変そうなのは「女関係」です。

私、女子校歴10年の大ベテラン。
社会人になってからも、女の苑で働いた時間は結構長いので、
正直、女社会で困ったことはあんまりありませんでした。

でもね、それは外資系での話。
私の新しい会社、外資系だけど、いる人は男女問わず、
かなり「ドメ」です。

私のポジションは、いろんな部署のアドミさん(秘書のようなもの)と
いろいろ連携を取りながら進めていかなければいけない仕事で、
嫌な人とは付き合わないという私の人生スタンスとは全く逆をいく仕事。
中には気が合いそうな人もいるけど、私の女子レーダーが
「コイツはあぶない」と赤信号を出している人もちらほら。

だけどねー、41日間のニート生活で得ましたよ、私も。
今の私にとって、仕事は、金を稼ぐもの。
それで何かが他に得られればラッキーだし、
それが友人であることだってあるかもしれないけど、
それは目的ではなく、あくまでも結果。
今は、仕事を上手くやっていく上で、私は多少なりとも自分のスタンスを
崩さなければいけないと思っているし、得意じゃない人とも就業時間中は
上手くやっていくのが私にとっては、お金を稼ぐ一つの方法。

理想と現実は違うから、現実に自分を合わせて行かなくちゃいけない中で、
その歪みをどううまくごまかしていくか、と言うのが、
哀しいながら今のモチベーション。
少しは大人にならねばなと思った33の秋です。

でもね、今一番窮屈に感じてるのは・・・
会社で禁じられているものが・・・。
GパンはOKなのよ。
でもね、
google閲覧とi-podの堂々使用が、禁止なのです。。。
(両方のものに共通する企業の強豪だからなんだけど。)
こないだビジター用の地図を作って。と言われ、
迷いなくgoogleを開こうとしたら、「あのね・・・」と暗黙のルールについて説明されました。
そしていざyahoo!やMSNの地図で作ろうとしたら、
できない。。。
フラグだけを立てたいのに、いらん経路が出てきちゃう。
できるのかもしれないけど、調べないと分かんない。
googleだったら、ぱぱっとできるのに。
こういうところもドメを感じる。。。
実力で便利に使われるようになっているだけなのに、
使えないツールを使わなきゃいけないのって、すごいストレス。
生活レベルは下げられないのと一緒。

starting tensionは今までになく低めですが、頑張りたいと思います。。。
[PR]
9月末で仕事を辞め、すぐに仕事が決まるかと思いきや、
世の中の不景気ってのを本当に身にしみて感じてしまう位、
派遣会社のHPに行っても大した仕事がないし、
時給は下がっているし、
前は頼みもしないのにバンバンかかってきた電話も週に1本あれば多い方だし、
かかってきたと思えばHPで散々見倒してスルーしていた会社だとすぐに分かるし、
いいなと思ってエントリーしても自動的に送られてくる
「お願いする場合には2営業日までにご連絡します」って簡素なものだけで、
実際に面接に話が及ぶこともほとんどなく、
さらに以前はエントリー→派遣先での面接(顔合わせ)→採用の流れだったのに、
エントリー→派遣元での事前面接→派遣先での面接(顔合わせ)→採用となっている。
派遣先に切られるならまだ納得が行くが、派遣元に切られるのは腑に落ちないものがある。

失業41日目。
派遣元での面接 1件(A社/新宿・製薬会社・P社案件)当日不採用連絡
エントリー ?件(分かんないくらいした)大半が何の連絡もなし
派遣先へ出向いての面接 2件(A社/目黒・消費財・S社案件)当日不採用連絡
そして、もう1件が今日だった。(R社/新宿・IT系・M社案件)

当日採用決定~♡♡♡

ホッとしました。
仕事は多分、そんなに忙しくもないし、難しくもないし、
自分が本当にやりたいことなのか?と聞かれると、そうでもないと思う。
でも私も30を過ぎ、大した資格もなく、終業後は家にさっさと帰り
主婦業をしたいし、レオンの世話だってある。
ということを総合して考えたら、少し自分のやりたい仕事とは違っていても、
その他の事が自分に合っているなら、妥協するところはした方が
自分のためなのかな~なんて思えてきた。
正直この失業期間中、もう本当に「何でもいいから仕事した方がいいのかな」
なんて思っていたけど、本当に少しの妥協だけで仕事を決めることができたので、
私はラッキーなのかなって、今日は思える。

ところで、失業者のほとんどが通るハローワークの道。
私は9月末で仕事を辞め、何だかんだと手続きが遅れて、
離職票を手にしたのが10/21。
私の場合、会社都合での離職だったので、待機期間も自己都合の3カ月と比べて
大分短めの7日。
今回、もし自己都合だったら、混雑したハローワークに行って、
3か月待たされて、それから仕事を探して・・・ということはしなかったと思う。
というのも3ヶ月間は失業保険ももらうことができないし、
まず3カ月決まらないなんて想像もしてなかったから。
でも今回は待機ほぼなしの会社都合だったので、翌10/22失業資格決定。
雇用保険説明会が11/6。
そして明日11/12が初回の認定日。
今日11/11に仕事が決まってしまった場合、これ、どうなるんですかね。

次に会社を辞めた時に雇用保険の加入日数が増えるのかもしれないけど、
それには会社都合じゃなくて自己都合であれば3か月の待機があるし、
今回は13日からの就業になるので、14日分の手当をもらい、
再就職手当をもらえるのが一番いいんだけどなぁ。

答えは明日出ます。

よかったー。
朝起きれるか心配だけど、仕事、新たな気持ちで頑張ります。
明日はハローワークの帰りにH&Mとか行って、仕事用の服とか
買ってきちゃおうかな~♡

明日で、再放送の「Long Vacation」が終了。(キムタク嫌いだけどなぜか見てた)
私にとっての「Long Vacation」も終了。
ららら らーら らーぶそーん♪
[PR]
はぁ、暇すぎてさっき眠りの谷に落ちそうになりました。
本当は落ちました。
9:00に会社に来て、実質仕事をしていた時間は30分。
その他は電話応対以外何もしていません。
これでお金がもらえるのだから、素敵と言えば素敵だけど、
本当にこれでいいのかと自問自答の毎日です。
来週は少し忙しくなるけれど、その1週間が終わってしまえば
また同じ生活がやってきます。
来月まで契約をしている今の会社を辞め、他のところに春から
動こうかと思っていましたが、派遣会社の営業さんに聞くと、
3月いっぱいでとりあえず派遣打ち切りと言う会社が多いようです。
身に感じる不景気なのであります。
しばらくはこの生活を続けなければいけないと言うことに
とてもストレスを感じてしまいますが、仕事を待っている状況よりは
多少いいのかもしれないし、働きたくても働けない人もいるから
私の悩みは贅沢なのかもしれません。

ところで、どこの会社でも「昨対」を出すと思います。
でもたまに思うのです。
昨対って本当に意味があるのか。
世の中は日々変わっていって、それがいつ変わったかなんて
誰にも分かりませんよね。
物を生産する部門においてデータは必要かもしれないし、
営業の部門においても成績がどの程度なのかを把握するために
必要なのは分かります。
だけどそれを必要以上に追い続けるのは、何だか時間の無駄に
思えてくるのです、ここの会社にいると。
設備投資が足りないために、必要な数字を得るのに時間がかかり、
またその表を作成するのに時間がかかる。
それを上司とすり合わせるために時間がかかり、
上司との考えの相違を修正するのに時間がかかる。
それに体力を使い、仕事のモチベーションが下がる。
何度も同じことをするのって本当にフラストレーションたまりますよね。
その間に出来ることがどのくらいあるかと考えると、
全く意味を成しているとは思えないのです。
そしてその昨対を鑑みて、新しい商品を作るのかと思いきや、
ほとんどそういうことはなく、ちょっとパッケージを変えてまた市場に出す。
後ろばかり見て前に進んでいると思えないのです。
世の中ってそういうものなのでしょうか。
仕事ってそんなものなのでしょうか。
そういう非生産的な仕事があるから、私も月初の1週間は忙しいんだけど。

私の「昨対」はどうでしょう(笑)
太りました。去年よりワインが好きになりました。とか?
背景としては、32歳を過ぎ、新陳代謝が落ちてきたから?
日々の生活(仕事)がつまらないので、家での生活に楽しみを求めた、とか?
あーくだらない(笑)
毎日を楽しく生きる、それだけ考えているから、が背景なのかもしれません。

さて、あなたの「昨対」はどうですか?
ま、くだらないかもしれないので、考えなくてもいいです。
時間の無駄になるので(笑)
[PR]
今週はなんだか変な天気続きで、週末も天気が悪いみたい。
そして週が明ければ9月です。早いね。
9月は楽しみわんさかmonth。もう考えるだけで花の子ルンルンです。

その前に私には越えなければいけない山が・・・
月初はかなり真剣に仕事してます。
っていうのも、私は性格上仕事を貯められないのでございます。
できれば1日でこなしてしまいたい。
なので、普段は人の目を気にしながらネット閲覧に励む私も、
一日中internet explorerさえ立ち上げないのです。
ここぞというときの集中力は自分でも評価できる!
何せ卒論は2日で書き上げましたから。(準備期間は別として)

そのような話はどうでもよくて、
私はこの会社に入ってから、意外と評価されています。
仕事が早いと言われました!素直にうれしいことです。
時間が余ってしまうのが困ったところだけど。
でも前任の人はこんな簡単な仕事を、どれだけ時間をかけてやっていたんだろうと
少し疑問に思い、考えてみたのです。
で、分かったのです。
答えは色付け。
彼女の作ったファイルはぱっと見ですぐに分かるくらいメルヘンチック。
普通にエクセルのツールバーに出てくる黄色じゃなく、
彼女の使用色はピンク・パープルなどなど。
もともと「仕事はシンプルに、分かりやすく、素早く」な私。
ほとんど表には色なんて付けません。
ファイリングの背表紙もテプラ、それがスタンダード。
だけど彼女の場合は違います。
エクセルの二重枠、色はピンク。
中の文字も文字の大きさが微妙に違ったり、色が付いていたり。
ごめんなさい、私にはできかねます。
そんな無駄なことして時間を費やすくらいなら、トイレにこもってた方がまだまし。
私が色付け作業に入ったら、すごい時間がかかりそうです。
しかし前の会社でも、やたらと色付けが好きな人がいたな・・・それも色キチ・・・。
色は付けすぎると、逆に見にくくなるし、私のようなシンプル好みの人には
「仕事のできないやっちゃな」とレッテルを貼られます。お気を付けあれ。

前にも書いた会社のおっさんがさらにむかついてきて、
ついに昨日上司に毒を吐きました。
営業の人も結構被害を被っているらしく、私の言うことについて
ちゃんと分かってくれているみたいでよかったです。
社内にグチれる人がいないので、こういう時に分かってもらわないと
すごいストレスが溜まるけど、ちゃんと分かってくれるとスッとします。
で、そのオヤジ、机の上が「ネコ」だらけです。
マウスパッド、カレンダー、メガネケース、携帯ストラップ、タオル・・・キモイ。
お家でも11歳になるネコを飼っているそうで・・・
会社を早く帰る理由、ネコの世話。。。
はいはい、早くご隠居して、ネコと戯れてください。
私も猫は好きだけど、あのおっさんちのネコは性格が悪そう。
これからネコオヤジと呼ぶことにしよう。

そんなわけで、今日は会社の飲み会withoutネコオヤジ。
たまには参加しておかないとと思ったら、
ネコオヤジはネコの世話のため欠席だってー。ラッキー。
派遣枠なので1000円しか払ってないし。
飲むぞー。
[PR]