2008 vacation ⑤-1 Napa

ヨセミテから移動し、今回のメインであるナパに移動しました。

前の日記にも書いたけど、この日は私の誕生日だったので、
これも前述のCREA Travellerに触発され、Opentableで
Napaにある「Redd」というレストランを予約していきました。

このCREAに、バークレーにあるカリフォルニア料理の草分け、
Chez Panisseというお店のことがつらつらと書いてあって、ここのメインシェフ、
アリス・ウォーターズさんのお弟子さんだった人たちが独立したお店が紹介されていました。
今回、バークレーには立ち寄る予定がなかったので、
誕生日だし、気持ちのよいレストランをと思っていたところ、
いつも読ませていただいているshina_poohさんのブログに載っていたこともあり、
今回はここに決めました。

最初、何気ミーハーの武士(怒られる!!)は、ナパだし、
フレンチランドリーでも行こうか、と言っていましたが、
あまりに高すぎる食事とワインに満足できなそうな私がいたので
こちらにしてみましたが、結果、大満足できました。

店のエントランスを入る前に、テラス席が何席かあり、
18:30の時点でもうお客さんがいっぱい。
大きなドアを入ると、外で見るよりも広い空間が広がっています。
私たちは一番角の席に通されました。
全体が見渡せて、とてもいい感じ。
ギャルソンがきびきびと立ち回り、お客さんが楽しんで食事しているのがよく分かります。
b0057220_21311692.jpg
武士セレクトでワインはGVとラベルに書かれたメルローをチョイス。
なかなか重めです。
(今調べました。Gargiulo Vineyard Money Road Ranch Merlot)
食事はよく覚えていないけれど、メインはラム。
どの皿もとてもおいしくて、さすが人気のあるレストラン、と言った感じ。
ソムリエもちょこちょこグラスを確認して注いでくれます。
ワインの知識と英語力があれば、是非「こんなのがいいんだけど」って注文してみたいけれど、まだまだヒアリングもよくできないし、ましてやワイン用語など分からないので武士にお任せ。
いつかできるようになるといいな~






お店全体の雰囲気、そしてホスピタリティについては言うことなし。
とても気持ちよい時間を過ごすことができました。
b0057220_21373218.jpg
b0057220_2138116.jpg
b0057220_21384213.jpg










b0057220_21402564.jpg
食後にはチョコレートのデザートを欲張っていただいたんだけど、これがちょっとした間違いで・・・満腹を通り過ぎて、ちょいと気分が・・・
普段してないことをするもんじゃないですね。
でもお味自体はとてもおいしいので、デザートを食べたい方は、食事とお酒は控えめでお願いします(笑)











そして恒例のトイレチェックに行ったわけですが(気分悪かったからとも言う)
トイレ自体はとてもシンプル。もっとこだわればいいのにクラス。
そして大箱の割に、男性・女性各1つずつしかないのが残念。
全然ゆっくりできませんでした。

ナパにはたくさんいいレストランがあります。
でも決してそれぞれが近いわけではありません。
車を借りてはいますが「責任ある飲酒を」は世界どこに行っても一緒。
のはずですが、ほとんどタクシーで来る人なんていません。
ナパは交通規制が厳しいとどこかで読みましたが、パトカーはほとんど見ませんでした。
タクシーは呼ぶと来てくれますが、台数が多分少なく、少しかかります。
少しかかったおかげで夜風に当たることができ、少し気分も回復。
お会計をお願いする時に一緒にお願いするくらいのタイミングがちょうどよいかも。
9月でもう大分寒かったです。

本当はもう1杯どこかで飲んで帰りたかったけれど、そんなこんなで
そのままホテルに帰り、お部屋でゆっくり。
武士の持ってきたOld Parrで乾杯して、私の32回目の誕生日は終わりました。
楽しかったー。吐かなくてよかったー(笑)
[PR]
by mic_tic | 2008-10-14 21:12 | たび