ぽんぽこの旅

おっと、仕事(大してしてないけど)にかまけて、更新を怠っていたら、
閲覧数がかなりなくなっていた~。
ま、いいんだけど、読んでもらった方がやっぱり嬉しいね。

では、一ヶ月も経っているのに書き終わらない旅行日記はお休みして、
今日は別の旅行日記でも。

先週末は、ヘルムのいつもの飲み仲間と共に、
長野県小布施まで一泊旅行に行ってきました。

まずこの旅行が企画されたのは、イギリス人のジョンが
ホームパーティーのような感じで、どこかコテージに行って、
イギリス料理をみんなと食べたい、と提案。
この時点では我が家とこっこじょん家だけで話は進む。

そしてその後、Itoさん・こっこちゃんで「ワイナリーに行きたいね」って
事になり、私が仕事の合間を縫って(っていうかいつも合間)
ワイナリー近辺で、キッチン付きのコテージを検索。

そこでうまくはまったのが、今回の小布施。
小布施ワイナリーのワインは、Itoさんやこっこちゃんの
お気に入りのワインの一つで、たまに金曜日にいただいていた。
私の今年の流行であるスパークリングワインももちろん扱っていて、
小布施に行ける=うまい酒が飲める、ってことで相当楽しみに。

一方、宿の方はと言うと、どうやって見つけたんだか忘れてしまったけど、
小布施町に程近い(ワイナリーから車で約20分)中野市営の
間山温泉 ぽんぽこの宿」のログコテージ。
1棟6人定員で、2棟ある。MAX12名。

そこで、私はいつもの飲み仲間に参加を募り、参加は前日まで10名。

ウチは新しい車に乗り換えたばっかりだし、こっこちゃんも荷物が多いということで
ドライブがてら2台で小布施までの旅。約3時間。
電車で行ったメンバーもいるけど、若干料金はかかりますね。
車だと都内から往復13000円です。

で、この旅を企画して思いついたのが、小布施のそば。
メンバーにはそばマニアのでぶばんがいたので、お店は即決定。
お店の名前は「せきざわ」。
以前は群馬にあった名店だそうだが、約1年前に小布施に移転。
ロケーションも小布施駅からはそう遠くなく、車組と電車組の合流にも最適。

すべて準備が整った木曜、日本の近海に台風20号が接近。
Itoさんからメール「中止にしたほうがいいんじゃない?」
・・・うーむ、ウチに大量に購入したビールやらつまみが・・・
そこで幹事は参加不参加の意思を尋ねるメールをして、
結局次の日に京都に用事のあるItoさんを除く全員が参加。

土曜の朝の東京は、「ちょっと降ってるな」程度の雨。
長野はちょっと奥まっているし、止んでくれる事を願っていざ出発。
じょんこっこ夫妻は「(持っていくのとは別の)料理が終わらないから
遅れて行くよ~」ってことで、急遽ウチの車に5人乗車。
高速は特に混んでいる所もなく、割とスムーズだったんだけど、
雨脚が遠のくどころか、意外と本降りに。
埼玉に入ると車に付いている温度計も徐々に下がり、14℃くらいに。
途中「山が見えれば旅行に来たって気になるんだけどな」とじゅんちゃんがボソッ。
山、見えませんでした。
そこはまるで中国の水墨画の世界。
霧が立ち込めていて、先を見るのが難しいくらいでした。
高速も大体が80キロ規制で、途中50キロ、なんてとこもあったりして。
ま、その中、武士は120キロでビューン。

休憩も含め、3.5時間で小布施に到着。
電車組も12:15着くらいの電車だったので、直でそば屋に集合。
こういう時、携帯って本当に便利。
昔だったら、雨の中駅で待たせて、合流して、ってやんなきゃいけなかったもんね。

電車組の二人が先に蕎麦屋に到着して、番号札をもらっていてくれたおかげで、
私たち車組はほとんど待たずに入店できた。ありがと~。
しかし雨だと言うのに、お店の駐車場は一杯。
「せきざわ」は夫婦で経営しているため手が回らないので、
席は空いているんだけどね。若干二人で回すには広すぎかな。
私はビール、運転手はおあずけ、その他のみんなは昼間から酒。
おつまみをいただいて(っていうかこれは出てくるのが遅かった)
飲みながら、そば。
おつだねー。
私はもりととろろの二枚をいただきました。
量は少ないので、これぐらいはペロッといけます。
そして東京の有名蕎麦屋より全然安い。
そしてお味。
ものすごいうまい~♪
細切りで上品、白が美しく、つるっとしていて、コシもある。
つゆもだしが効いていて、しょっぱすぎず、薄すぎずのいいバランス。
わさびは出ません。それはそばがおいしいからかな?
8人という大人数で行ったし、土日は大混雑のようで、
「注文をまとめてください」と言われ、もりにしたけど本当においしかった。
ちょっと遠いけど、ここはリピートしたくなる蕎麦屋です。
他のメンバーはもりとあら挽きって言うのにしたけど、それでは足りなくて、
もう一枚もりが食べたいと注文するも、「ウチの方のバランスが・・・」と
お断りされました。
で、頼めたのが「変わり」という練りこみ系のそばだったんだけど、
この日はしそ。麺があざやかな緑で、一口いただいたけど、
こちらはこちらでしその風味がいい感じ~。
行ってよかったです。

何だかんだで待たされ、時間はワイナリーの見学予約の1時間前。
電車組はそこからタクシーで移動、私たちは一度ぽんぽこへ。
急いで荷物を置いて、タクシーで移動。

先に着いた電車組はワイナリーで試飲しまくり(笑)
いくつかのワインが試飲できるのだけど、3000円を越えるワインは
1杯300円で試飲ができます。
あの人たち一体いくら使ったんだろう・・・
周りの人々とは一種違ったオーラで飲みまくってたわ・・・

そこで、醸造責任者の曽我さん登場。
本当はぶどう踏みの体験ができると聞いていたんだけど、
あいにくの雨のため中止になってしまいました。
もぉ、台風むかつく。この季節にしかできないのに。
でもワインの製造工程やシャンパンの製造工程、
瓶詰め作業のちょっとした知識、たくさんのめずらしいものを
見せていただいて、なかなかよい経験になりました。
ツアー自体は1時間未満の短いもの。
でも地下のセラーとかも見せてもらえるし、是非時間が合えば
見に行くと楽しいかも。
私たち以外の参加者は「ワイン好き」って感じもあまりしないような人だったけど、
私たちはワインに限らず「酒好き」なので、いろいろ質問したりして、
曽我さん、びっくりしただろうなー。

その後はワインをそれぞれ買いあさって、みんなで飲む用に
辛口のシードルを購入。
ウチはドメーヌソガ(ビンテージ忘れ。多分2005)2本、辛口シードル1本、
秋限定発売のホリイゲ1本購入。微発泡のスパークリング忘れたー。

そこからぽんぽこに行き、ほぼ全員パジャマに着替え(笑)
温泉に入って、宴開始。
持ってきたビールから始まり、こっこちゃん持参のメルシャンの「あわ」、
甲州の白、ウチが持って行ったボローニャ購入のランブルスコ、
Itoさんが提供してくれた矢作ワイン、ベリーA(各マグナムボトル!)、
一部久保田千寿熱燗、小布施のシードル・・・
一部を残し、ほぼキレーになくなりました。
雨は降っていたんだけど、コテージのドア前にあるスペースで
バーベキューをしながら語る。何を話したのか覚えてないけど、
楽しかったし、なぜか寒くなかったなー。虫が多いのと、電気が暗いのが難点。
その後また部屋に帰って野球見て、ダラダラ飲んでたけど、
意外とみんな朝が早かったし、忙しかったので0時過ぎに就寝。
話している途中で、今回のこのコテージはナイスチョイスだとお褒めいただき、
幹事冥利に尽きるってモノでした。よかったー。

次の日は朝起きて温泉に入り、その後はどうしようかと思ってたのですが、
ヘルムの村澤さんおすすめのとんかつやが上田にあると言うことなので
行ってみることにしました。
店の名前は「まんぷく」。
12:00開店なのにちょっと遅れて、先に並んだ人が待ちきれず外れたりして
10名の私たちが一番乗り。
そして当然「生ビール8杯!」(人数-運転手)
注文したものは、まとめると、千枚とんかつ(キムカツみたいなの)、
おろしとんかつ、カツカレー、ひれかつ定食。
最初に塩が配られて、ソースじゃなくて塩で食べさせるの!!!
肉がおいしい証拠ですね。
カレーは一つ余分に頼んでシェア。欧風カレーです。
とーってもおいしかった。
私の中のとんかつランキング1位にはなれないけど。
(私の一位はやっぱり目黒天津です。)
シェフの方が最後出てきてくれて「ご旅行ですか?」と聞かれ、
「はい、恵比寿の村澤さんの紹介で。」って言ったら、
あー、どうりで飲むわ食べるわなんですね、って顔された(笑)
ご好意でコーヒーをご馳走になりました。
おいしかったです。

そんな感じで旅行終了。
今回も大いに食べて飲んで笑って、大満足でした。
やっぱり自分で企画して、みんなが喜んでもらえると嬉しい。
また「大人の遠足」企画したいと思ってます。
[PR]
by mic_tic | 2007-10-31 16:41 | たび