vacation 2007 day7 Frankfurt~Bochum

9/21【予定】
・レンタカーにてボーフムに移動
・サッカー観戦(Bochum vs Frankfurt)

さて、旅行も終盤に差し掛かってきました。
イタリアとドイツでは気温が全然違うので、
他の国に来たなぁ、という感じが肌にしみて分かる。
でも思ったよりも乾燥はしてないっぽい。
まだ秋だからなのかしらー、と思いました。

朝、飲まず食わずで(部屋の水が高すぎた・・・)チェックアウトを終え、
ホテルのシャトルバスで空港へ逆戻り。
タクシーで移動が一番ラクだけど、やっぱりバスがあるのとないのじゃ
全然違う。乗ってる人はそんなに多くないし。
昨日乗った所と同じ所に下ろされ、空港内のAVISへ。
AVISは日本の旅行代理店の方に聞いたところ、円建てのクーポンを
日本で買って行った方が安くつくとのことで、クーポン持参。
もちろんオートマ予約済み。
この先の話は先日の日記で書いた通り。
差額もなしにやってくれるとは。武士の怖い顔は世界共通♪

いざ、ボーフムへ。
カーナビ付いてても、どっちに行ったらボーフムなのか分からない・・・
で、とりあえず車を走らせてみた。
頭上の看板には「Basel」・・・それって、浩二くんのいるスイスじゃん・・・
完全に方向間違い。
そしてカーナビからは「元に戻れ」のお言葉・・・
そんなに簡単に戻れないのよ、アウトバーンは。
でもアウトバーンは意外と快適で、もちろん無料だし、
道を間違っても次の出口で出ちゃえばいいし、日本の高速道路って
分かりにくいし、高いよな・・・と実感。

いいな、ヨーロッパ。
今回、バーゼルにも行ってみたいと思ったんだけど、私は海外で運転しないし、
フランクフルトから3時間の距離をきっちきちの日程で武士に行けというのも酷だし、
実にその日程、バーゼルの試合はなし・・・。
なので諦めたけど、なかなかスイスに行く機会はないだろうから、
行ってみたかったな、とその看板を見て感じる。

正しい道に戻り、カーナビちゃんに従って道を走る。
途中、「ん?」と思う道選びもあったけど、本当にカーナビ付きの車だったから
一瞬も迷うことなくたどり着けそう。
・・・ただそんなときに私のいつものお病気「乗り物睡眠」。
車でそこに行こうと決めたのも私だし、地図も渡されたものの見ても
チンプンカンプンだし、運転手がつまらなくならないように話もしないし、
寝るのは悪い・・・と思っても眠気には勝てない・・・。
でもね、一応頑張りましたよ。30分くらい寝たかもしれないけど(笑)

途中、お腹がすいたから、サービスエリアで休憩。
初めてのドイツ料理がサービスエリアってのも微妙だけど、
後から考えてみたら、意外とまずくなかったかも。
レストランの形式はセルフサービスで、いろいろある料理の中から
自分が好きなものを選ぶんだけど、がっつりしたものはいらないし,
他にお客さんがいないから「あの人と同じの」って言えないし、
若干困りました・・・英語、全く通じないし。
で、ようやく頼んだのがソーセージ。
ドイツにおいてソーセージのないところはないから、この単語は
覚えておいた方がよいかもしれないですね。
bratwurst(ブラートヴルスト)ブラート=焼く、ヴルスト=ソーセージ
ってことです。その場で焼いてれば、指で指しゃいいんだけど。
他にはドイツなのに結構どこにでもあるハンガリーのシチュー、
グーラッシュとパンを頼んで、いざ食事。
ちなみにこの店だけではないと思うけど、小分けになっている
ケチャップやマスタード、マヨネーズは無料ではありません。
調子に乗ってたくさん取らない事。
このサービスエリア、犬も入りたい放題、タバコも吸い放題でした。
ドイツも何気に喫煙率高いのね・・・と実感。
ちなみにこのサービスエリアのトイレは50セント取られます。
TDLとかによくある回転式バーの入り口にお金を入れて入ります。
お金を払って超汚かったらムカつく、と思ってたけど、その逆。
トイレは超きれいで、さらにハイテク。
使い終わると便座が回って、後ろの方からアルコールのようなものが噴射し、
一回一回除菌されてます。これ、いいわー。思わず観察。
(撮影には至らなかったけど)
日本のSAのトイレって汚いもんね~。和式が普通だし。

車に戻り、いざボーフムへ。
またまた眠気と戦いながらだったけど、快適なドライブでした。
この日のホテルはRenaissance Bochum Hotel
今回の旅行で、一番きれいだったのはこのホテル。たった一泊だったけど・・・
ボーフムのスタジアムのマジ隣です。東京で言えば東京ドームホテル。
近くには昔々日本でもやったstarlight expressの小屋(?)があります。
夢はフリーダム、フリーダム、シャボンのように、です。
で、ホテルに到着するや否や、大興奮です。
これも前に書いたので割愛。


お散歩に出た選手たちを見送り、部屋に帰って、まるで追っかけのように
「どうする?帰ってくるのか待ち伏せる?」と二人で子供のよう。
でもよくよくデジカメ見たら、もう電池マーク点滅してるし、
正直「うぜーな」と思われたら嫌なので、部屋で電池を充電。
しばらく経ってから、町探索に出かけました。
しっかり水も買ってね。(スーパーで買うと、何でこんなに安いの?と思うほどの
値段。旅は水から。買っておいて間違いなし。)

ホテルから町っぽい方にしばらく歩いて見えてきたパブに入ってみることに。
とても小さな町だし、フランクフルトのファンなんていないんだろうな、と思って
そのお店に入ってみると、その予感的中。
客はみんな「失業中?」と思わせる風貌のオッサンwithクラブのマフラー。
ひたすらビール飲みながら話してます。きっと今日のスタメンは・・・とか。
時間を追うごとにどんどんオッサンが増えていくこの店。
この店は夫婦+バイトの4人でやっていたけど、この日ばかりは
稼ぎまっせー、ばりに、注文されてないのにビールは常にカウンターに用意。
グラスが200mlだからスイスイ飲めちゃうし、値段も安いからね。
お会計はコースターに書かれたラインの数を見て計算されます。
要するによそ者の私たちにも笑顔で接してくれて、とても居心地よかったー。
家庭料理的なものもきっとあったのだろうけど、ドイツ語分かりませーん。
お店のお兄ちゃん、一生懸命英語話してくれるんだけど、いまいち・・・。
帰りに武士はホテル近くの屋台でcurrywurstを食べる。
(カレーパウダーのかけてあるソーセージ)
私もちょこっともらったけど、おいしかった~。
店の姉ちゃんたち、ちょっと年増だけど、カメラ向けたら上機嫌。
チュース、と言うと、チュースと返してくれる。

そうそう、チケットのお話。
この世の中、チケットはネットで取れるようになってきたけど、
今回私たちはそこをあえてホテルのコンシェルジュにお願いして取ってもらいました。
今回のカードの場合、フランクフルトはネットで買うと、エリアの指定はできても
席の指定まではできません。
逆にボーフムのHPからは席の指定までできるのですが、なぜかカードが通らず、
(もしかしたら日本発行のカードはダメとか?)
どーしましょ、となった時に、コンシェルジュ案が出たのです。
自分の欲しい席をメールして取ってもらおうと思ったら、
「その席はバナーが邪魔して見難いから、もうちょっと上の方がいいよ」とか
ちゃーんと教えてくれて、7列目を確保しました。
実際にスタジアムに行ってみると、確かに前の方の席はベンチと通路があって
見難そうだったし、車椅子用のスペースが確保されているところがほとんどで、
7列目でも決して後ろじゃなく、見やすかったの!
海外のスポーツのチケットを取るために、チケット屋みたいなのも多いけど、
CLとかWCとかダービーじゃない限り、もったいないのでコンシェルジュに
言ってみるのが一番の得策だと思う。チップもいらなかったし(嬉)
それと今回もそうだったのだけど、試合の日程は変わります!
私もイタリアで、一応確認しておこうかな、位の気持ちで確認したら、
見事に前日の夜に試合が変わってた!
今回は日程をずらすことなく、試合を見ることができたけど、
もしギリギリの日程ならば、本当に注意深くチェックしておくべし。
私たちの場合、試合日程が動いたことによって、1日得したって感じだったけど、
気付かなかったら最悪の事態になっていたのかと思うと、ゾっとします。

ちょっと早めにスタジアムに行こうとホテルを出たら、チケット売り場は長蛇の列。
予約してます。って日本人も足止め食ってた。
選手らしき人が屋台でcurrywurst食べてた!!いいの???当たったらどーすんの???

ドイツはリサイクルの意識がとても高いので、もちろんスタジアムでのビールも
リサイクルのできるジョッキ。最初に支払うのはデポジットも含んだ額です。
飲み終わってリサイクル嬢にジョッキを持っていくと、ここのスタジアムでは
50セント返してくれました。
みんな意外と返してるんだけど、もちろんおきっぱなしになっているジョッキもあって、
それはちびっこが小遣い稼ぎのために必死で集めてます。
ま、2リットルの水が50セントで買えるのだから、5.6コ集めたらいい小遣いだよな。
日本のちびっこは多分やらないと思うけど。
小さい時からどんな形であれ意識が高いのはよいことだと思います。

スタジアムは、ミラノと同じく喫煙可能です、が、ミラノより喫煙マナーはよい。
ここのスタジアムは新しいのでキレイだし、快適でした。

試合が終わり、ホテルに直帰。
すごい寒くて、何か頭も痛かったから、ロビーのバーでビールを頼んだけど
ほとんど飲めず。サポーターもすごい数いたから落ち着かなかったし。
結局夕食は食べずに部屋に戻ったんだけど・・・
MAXに部屋を暖めても、悪寒が・・・
まずい、これはまずい・・・旅先での初の発熱か?
夕食は食べてないし、薬飲んでも平気なのか?
ちょっとガマンしてみたけど、寒気が止まらないのでやっぱり飲むことに。
寒かったのが悪いのか、イナタカに遭遇して興奮しすぎたのか、
旅の疲れが出たのかしら。
薬服用後はなぜか眠れて、一日終了。
風邪薬、持って行ってよかった。
[PR]
by mic_tic | 2007-10-16 10:54 | たび