vacation 2007 day6 Bologna~Frankfurt

9/20【予定】
・エノテカにてランブルスコ購入&パッキング
・フランクフルトへ移動

さて、イタリア最終日。
ミラノに対し、ボローニャが想像以上によかったものだから、
お名残惜しいイタリア。
まぁ、まだ南の方は行ったことがないし、また必ず訪れるのだろうと
容易に想像できるので、またね!と言った感じ。

夕方にボローニャ空港から旅立つので、割と時間には余裕が。
町の所要観光地は見たので、この日もインターネットポイントに
macを持参の上、訪れる。
さすがに店員も顔を覚えたらしく、決してフレンドリーじゃないけど、
「あ、あんたたち知ってる。」みたいな感じでオーダーを取りに来る。
「日本人ってネット好きなんだな~」と思ったかしらね。
ま、そのくらい長い時間、ネットに取り組んでいたのだけど。

ウチの夫婦は仲はいいけど、会話をする時間が本当に短いので
旅行先に行って「またネットしてんの!?」なんて言うケンカには
なるわけはなく、それぞれが自分の好きなサッカーのことや
ブログ閲覧などしていても、全く問題にならない。
それはとても居心地がよく、私たちのいいところだなと思える。

マッジョーレ広場はH君も言っていたけど、
その美しさには何度見ても飽きないし、慣れない。
そこに佇んでいるだけで、なぜか心が広くなるような開放感。
色の温かみ。特にそこに何があるわけじゃないのに、ステキ。
よかったなー、ボローニャに行って。

さて、インターネットポイントに別れを告げ、
これまで何日か通り過ぎていたネプチューンの噴水の写真を撮る。
私の嫌いな中田氏がボローニャにいた時に、その噴水のことを
日記に書いていたらしい、とは武士の談。
(決してページの中には入らない私・・・あ、ちょっと見えたら朝青龍の話が・・・)
どうやら「ビールは飲めない」中田氏はランブルスコを
ネットで販売しているみたい。さすが目玉焼き事務所
(ACミランが目玉焼き仲間とはしらなんだ・・・)
ま、そんなことはスルーするけど、おっぱいから水がぴゅーって出てるのは
冷静に考えるとちょっとおかしな感じ。授乳期?

その後、最後のイタ飯(懐)を食べにふらふらと。
あれはどの辺なんだろうか、学生街の方?
私は最後のパスタはポルチーニ(あるいはキノコ)と決めていたので、
キノコのパスタがメニューに載っている店に入った。
日本人がめずらしいらしく、武士は持っていたタバコを
「オレのととっかえてくんねー?」って言われて取り替えてた。
この人、仕事中に中学生くらい?のお客で来ていた女の子をナンパするし、
自由だわ~。ま、それが礼儀?それが常識?なのかもだけどね。
注文したパスタは期待以上に大きく、いい〆になりました。

さ、最後の大仕事。ランブルスコ購入。
お店に行って、もう一度同じランブルスコを試飲。
ん、やっぱりおいしい。
で、購入。
店のおじさんに「他にお勧めのランブルスコはありますか?」と聞くと、
英語は通じないらしく、それでも一生懸命イタリア語で何か説明してくれた。
ちーっとも分かんなかったけどね。
その日の夕方に、このお店でワインの試飲会のイベントがあるらしく、
おいでよ。みたいに時間を書いて誘われたけど、残念、飛行機に乗らなくては。
あと一日長くボローニャにいられたら行ったのにな、残念。
で、結局最初に飲んだランブルスコの在庫3本を全て購入、
他にオススメの1本を購入して、ホテルに戻る。

その後起こったのがランブルスコ事件。
この話は日記にも書いたので、読んでもらえれば分かると思うけど、
ワインは手荷物では入れません。れっきとした液体です。
ペットボトルでさえ持って入れないのに、持ち込めるわけないじゃんね。
武士は次の空港でランブルスコに出会えるその瞬間まで、
「何で気付かなかったんだ~」と悔やんでましたが、結果オーライ、
いいお勉強になりました。

ちなみにボローニャ空港まではタクシーで向かいましたが、
大した料金ではないので、バスを待つ時間を考えれば、その分
ボローニャを堪能できるかと。駅前のバス乗り場は、どこで待っていれば
空港行きが来るのかちょっと分かりにくいからね。
そして空港には大したショップはありません。
なので町でちゃーんとお買い物して、旅立ってね。

さてさて、フランクフルト到着。初めてのドイツ。
空港に着くなり、・・・寒い・・・
この日のホテルは、翌日の移動を考え、空港近くの
NH Hotel Frankfurt Morfelden
ビジネスホテルです。でも施設は超キレイ。
空港から無料シャトルが出ています。
到着ロビー出て(出発も同じところのような気がする)一番左。
いろんなホテルの送迎バスが来るし、NHもこの辺にたくさんの
チェーンがあるので、行き先をちゃーんと間違えないように乗りましょう。
モーフェルデンまでは車に乗って15分くらいかな?
若干離れてます。そして周りには物流系の倉庫ばかりで、
店など皆無なので、水などは買って行きましょう。
(たしか部屋のバーはすごい高かった)
この日はオペルのワークショップ(?)が行われてたみたいで、
私たちが着いた時には、外は喫煙者がたくさん。
しかし寒いのに、片手にジョッキ持って、半袖?ありえなーい。

私たちはチェックインの時「smoking room」って言うの忘れたので
禁煙ルームに通されました。
でもあるのかなー、喫煙ルーム。
少なくとも、私たちの泊まった階の部屋はどこも
no smokingのサインが出ていました。
ちょっとお腹もすいたし、下のバーに軽食を取りに行き、
(意外とボリューミーだったけど)ピルスナーを飲み、
タバコを吸いに行ったら、寒いのなんの、って。
喫煙者の人はちゃんと「喫煙で」って言いましょう。

NHホテルのアメニティグッズは高級品ではないけど
とてもパッケージがかわいかったので、全部持って帰ってきました。
いい香りだし、何よりも色がかわいい。
ホテルのイメージもすごくいいし、値段も高くないから、
今度滞在する都市にNHがあったら、私はまたNHにしようかなと思います。
どこもロビーにフリーインターネットがあるし、
airmacが使えるなら、飲みながらだってネットできる。
相当お気に召しました。
後から聞いた話だけど、ANAのCAはNHが定宿だそうで。
いいとこ泊まってんな~、って感じです。

以上、この日は次の日に備えて、早寝。
ちなみにベッドにおいてあるベルギーチョコはウマーです。
[PR]
by mic_tic | 2007-10-12 16:12 | たび