手術終わって・・・

もうすぐで震災から2ヶ月。早いですね。
地震酔いも最近は薄れて来たような。
でも油断は禁物。

ところで最近ブログの更新、さぼりまくっています。
twitterの影響かしら。
確かに手軽だけど、あとから読み返してみたりするのは
やっぱりブログの方がいいし、私はゆっくりマイペースで
続けて行こうと思っております。

前回書いた手術の事から書くのがいいかな。
4/21から1泊で西新宿の某大学病院に入院して、手術を受けてきました。
手術が決まってからは不安だし、どうなる事やらと落ち着きませんでしたが、
今となってしまえば、受けてよかったと思っています。
子宮けいがんの検査は、仁科親子の影響もあってメジャーになって来ているとは思うけど、
まだまだ婦人科へ進んで検査に行こうと言う人もあまり聞いた事がないから、
もし手術を受けるにあたって不安を感じている人が、このブログを読んで
少しでも安心してくれたらいいなと思います。

手術を受けた後はどのくらいの期間大好きなお酒が飲めないか分からなかったので、
とりあえず4/19は飲みました。
もうこの頃には「ばっちこい!」状態だったのですが、やっぱり気は晴れます。
4/20は昼に電話が来て、病室の最終確認。夕食後、絶飲絶食です。
入院が初めての私。
「明日浣腸とかされるのかなー。」(失礼。)と思い、その週はお腹を整えておきました。
入院は10時。9:40に入院受付に来てくださいとの事。早めに寝ました。

自宅から近いのに、なぜか気がはやり、9時少し過ぎには病院到着。
この日は寒かったし、早すぎるしで、どうしようかと思いましたが、
絶飲絶食だからカフェに入る事もできないし、喫煙所も探すのが面倒だし、
えいやと受付に行ったら、すぐに手続きをしてくれました。
その後もどうしようと思ったけど、ロビーにはたくさんのマスク姿。
これは婦人科病棟に行っちまえということで、すぐに病棟へ。
ベッドが空いていたので、着替えて寝てました。結構待ち時間が長い。
看護士さんが説明に来たり、検温したりするけど暇です。
暇つぶしグッズを持って行った方がいい。アナログなもの。
デジタル機器は見つかると使えない可能性があるので、本とかがいいかもしれません。

懸念していた浣腸はされませんでした。(ほっ☆)
本当にすごい普通でした。手術に際して特にした事はありません。
結局11:30過ぎに処置室に徒歩で連れて行かれました。
この某大学病院で私が受けた手術は、手術室ではなく、病棟にある処置室で行われます。
青い手術着を着させられる事もなく、自分のパジャマ。
ライトがんがんの手術台でもなく、少々古めの足開閉マシーン。
あ、こんなの?って少々あっけにとられます。
麻酔医がやって来て、軽くよろしく~、なんて挨拶して、
「じゃ、先に痛み止めから点滴しますね~」と点滴開始。
初めてだったので、その太い注射針に驚いたのも束の間、
「じゃ、眠くなるお薬ですね~」って言われた瞬間、ころり☆
私、効き目よすぎるでしょうか?(笑)もう全く記憶ございません。
最初の説明では、15分くらいの簡単な手術です、と言っていたから、
きっとそのくらい後、「micさーん」と起こされました。
手術が終わると同時くらいに、麻酔を抜く薬が点滴されるようで、
眠れる森のmicになるかと思っていたけど、あっけなく起きました。
でもものすごい体はだるいし、眠いし、ぼーーーーーっとしてました。
ストレッチャーに移動し、下着を履かしてもらって、元のベッドに移動。
痛み止めと抗生物質が処方され、とりあえず抗生物質を飲んでオヤスミナサイ。
あ、私の場合、手術前に、持病の偏頭痛が出て、視界がキラキラしちゃってたので、
痛み止めも飲みましたが、手術の跡が痛いんじゃなくて、頭が痛いので
ロキソニンパワーも注入しました。

13:40。起きた瞬間に頭に浮かぶは、モスのテリヤキバーガーとカフェラテ。
食事はまだかーと待つ間、他の患者が気になり始める。
5分に1回ナースコールを無意味に鳴らす外国人一名。
日本語が片言で何を言ってるのか分からない上にうるさい。
最初のトイレに立つ時はナースコールで一緒に行ってもらうんだけど、
私は全然一人でも大丈夫でした。

14:00。ナースが来て、今後の注意点等聞く。
おそるおそる「酒とか・・・」と聞くと、「全然明日から大丈夫ですよ~」だって!
あ り が と う ご ざ い ま す !
そして例の外国人のことで「大変ですね」って言ったら、「そうなんですよー」と。
耳栓購入を勧められたので、買いに行こうと心に決めたら、
車内販売ならぬ、院内販売が回って来たので、水とミルクティと耳栓ゲット。
速攻使用。おうおう、遠くで何か言っているね~。って感じ。
入院の時には耳栓必要かもねー。
意外と売っているところは限られてるだろうから、持って行くといいかもしれません。

15:20。やっと軽食キター!
メニューは機内食のようなパン二つと給食についてるジャム、牛乳とオレンジ。
まず普通だったら食べないであろう、パン・クオリティ&ジャム。
でもむさぼるようにいただきましたよ。ええ。腹が減っては何にもできぬ。
食べ終わってからは飛行機と同じ。寝るだけ。

18時頃。夕食。酢豚。味が濃い。パイナップル入ってる。
病院の食事って、味薄いんじゃないの?
検温すると37度越え。普段平熱が低いからそれにビビる。
あとはとにかく寝る。

20時頃。武士が面会に来てくれる。
あまりに普通なので悪いなと思いつつ。
でも安心してくれたみたいでよかった。
ずっと携帯はバイブにしたまま、twitterやり続け。

21時頃。耳栓をして、早く寝る事に。
何もする事ないし。

23時前。油断禁物の地震キター!
揺れたし、さらに電源入れちゃダメよ、の病院で、私の携帯のエリアメールが
けたたましく鳴る。耳栓してたから反応鈍し。ナース、すごい勢いでカーテン開ける!
修学旅行の子供のようにやべー見つかったー!と地震より警報音におののく。
その後、mixiとかの返信してたら、ZUN子に「病院で携帯いじりすぎやろー!」とつっこまれる。
確かにそうですね。すいません。
しばらく眠れなかったので、熱を測ってみたり、携帯をいじってみたり。
電源落として寝ましたよ、今度は。

5:30。目覚める。熱あり。

このあとは朝食食べて、回診が来て「大丈夫でーす」とか言って、10時の退院を待つ。
消毒とかもなし。本当に普通。健診の延長線上にある手術だね。
着替えて会計して、迎えに来てくれた武士と病院の向かいのオフィスビルに行き、
念願のカフェラテを飲む。うめー。おまけにタバコうめー。
あ、ちなみにお会計は38000円くらいでした。

木曜に入院して、金曜に退院、熱が6度台で落ち着いたのが日曜。
4日ぶりにシャワーに入りました。(入浴はしばらくできませぬ。。。)
この季節でよかった。もう少し早ければシャワーじゃきついし、
もう少し遅ければアテモノ・エヴリデイなのでかぶれるし。
仕事は月曜からの予定だったけど、看病?疲れか武士が発熱したし、
自分自身も何となくだるかったので、火曜日から復帰しました。
「翌日から仕事復帰しました!」なんて書いてる人いるけど、
そんな無理しなくてもいいなら休んだ方が身のため。
出血は思っていたよりも少なかったし、痛みもないけど。
そして今週術後の経過観察で病院に行きます。
変な細胞が発見されてないといいな。

今回の入院で思ったのは、やはり自分の身は自分で守らないと言う事。
病室の外国人の他に、もう一人、ずっとタンを出したいのに咳ができなくて
うなっているおばあちゃんがいたんだけど、タンは体を守るために出るのに
体力がないために排出することができないそのつらそうな声に、
何とも言えない感情が湧いてきました。おそらくガンの患者さんだと思う。
早めに検診を受けて、適切な処置をしておくことは、自分のためでもあり、
家族のためでもあるんだなと思います。
私はいいわ、とか、めんどくさい、とか、
分かるけど、受けた方がいいと思います。私は勧めます。行かないのは本人の自由。

さ、今週、病院に行って、やったー!普通に戻ったわー!と早く言いたい。
アテモノ・エヴリデイから解放されたい!
[PR]